このエントリーをはてなブックマークに追加
写真 2017-07-26 21 23 27

長崎に「幻のそうめん」があるとのこと。その名も「ド・ロさまそうめん」。
名前だけ聞くと不思議でしょうがない名前ですが、由緒正しき歴史を持った逸品だそうです。
夏といえばそうめんですから、まさに今の時期にピッタリじゃないですか。
ド・ロさまそうめん | 道の駅 夕陽が丘そとめ|長崎市
キリシタン禁教の時にも、信者たちが信仰を守り続けた長崎市外海地区にある出津。この地に赴任したフランス人宣教師マルコ・マリー・ド・ロ神父は、村民のあまりに貧しい生活に驚き、生活を向上させようと素麺の技術を伝えました。その特長は「ちょっと太めでコシの強い麺」。手延製法にこだわり、丹念に仕上げた「ド・ロ神父の深い人間愛」を継承した逸品です。

写真 2017-07-26 21 23 37

最高級の強力粉を使っているそうで、強いコシが特徴。
見た目はやや黄色く、見慣れたそうめんより、やや太めでしょうか。
写真 2017-07-26 21 24 03

3~4分茹でて冷水で締めれば出来上がり。
真っ白で艷やかです。
写真 2017-07-26 21 24 18

麺つゆ、ミョウガ、ショウガ、大葉でいただきました。
コシが強く小麦の味が強いそうめんでした。
味わい深いので、シンプルな味付けで食べるのがオススメ!
写真 2017-07-26 21 24 28

日本全国に、いろんなそうめんがあるのでそれを食べ比べるのも楽しそうですねぇ。


このエントリーをはてなブックマークに追加