このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4537

東京都西多摩郡奥多摩町・檜原村と山梨県上野原市にまたがる奥多摩の名峰、三頭山へ行ってきました。
奥多摩三山の最高峰であり、日本三百名山にも選ばれる人気の山。
数日前に雪が降ったこともあり、いまだ積雪のあるエリアと泥濘がひどい場所があったのですが、起伏もあり景色も楽しめる素敵な山域でありました。

ルート


新宿駅からホリデー快速おくたま・あきがわ

「ホリデー快速おくたま」は前4両が拝島駅で切り離されて「ホリデー快速あきがわ」となります

武蔵五日市駅からバスで都民の森

なんやかんやで新宿から3時間くらいかかります。
武蔵五日市駅から都民の森へは急行バスが出ていますが、8時台と11時台にしかなく、11時になるとさすがに帰宅が遅くなるので、8時台一択となりそうです。
そうなると、新宿発は6時半くらいです・・・

登山開始


スタートは武蔵五日市駅から。
ほとんどが三頭山に向かう登山者でバス停は混雑しています。
バスには1時間以上乗ることになります。
増発があり3台同時に出発しますので、空きがあるところを狙いましょう。
IMG_4529

都民の森、バス停にはトイレもあるので、まずは。
IMG_4531

ちゃんと、それも普通の価格で自動販売機があるのでここで補充して行きましょう。
IMG_4530

難度によって幾つかのルートがありますが、今回は「ブナの路ルート」です。
IMG_4535

「都民の森」という施設内を少し歩くことになります。
IMG_4536

安全を祈願して3回鳴らすというキツツキ。
IMG_4544

森林館という施設に向かって上がります。
IMG_4550

そこからはしばらく、ウッドチップが敷き詰められた森林セラピーコースを進みます。
気温も高く、ほぼ平坦とも言えるコースなのでゆったりした気分になります。
IMG_4553

実は都民の森の段階ですでに標高1000mなので眺望が抜群です。
IMG_4554

都内最大のモミの木、高さ30mなんてものもあります。
IMG_4558
IMG_4555
IMG_4557

先には三頭大滝なる滝があり、それを見るための吊橋が設置されています。
IMG_4560

大滝は水量も少なく、部分的に凍結していました。
しかし、吊橋から見ると落差もあり、暖かい時期には迫力があるだろうことは想像に難くありません。
IMG_4562

道中にはちゃんとトイレも設置してあり(水栓ではありませんが)、整備されています。
IMG_4568

分かれ道には注意しつつ、ブナの路コースに進みます。
IMG_4570

路面は凍結していましたが、ツルツルというわけではありませんでした。しかし、注意が必要です。
IMG_4573

夏には気持ちよさそうな渓流沿いを抜けると、三頭山まであと40分の標識。
IMG_4578

日の当たる斜面はフカフカのトレイルで、とても気持ちいです。
IMG_4589

風景だけ見ると雪山に来たかのようですが、気温が高かったので汗ばむほどでした。
IMG_4596

避難小屋への分岐が見えたらそこからは10分ほどで頂上です。
IMG_4597

バスを降りてからからゆっくり登って90分程度で頂上でした。
標高1,531m、三頭山中央峰に登頂です。
なお、富士山や雲取山が見えるはずだったのですが、霧がかかっていて見えませんでした。
IMG_4613

オガワンドのラウンドサックにクッカー類を詰めてきたのですが、バックパックの一番上に詰めるにはこのラウンド型のスタッフサックは最高ですね。
OGAWAND「Round Stuff」ユニークな形状は取り出しやすい!詰めやすい!
IMG_4611

お湯を沸かしてカップヌードルリフィルのカレー味をいただきました。
周囲を見るとベテランと思しきお兄さんたちが、アルミ鍋に入った鍋焼きうどんを食べておられました。あれ、なんか格好いい。
IMG_4617

ご褒美ドリンクはカルピスウォーターです。
甘く酸味のあるカルピスウォーターは、頑張って登った後の体に染み渡ります。
よくコーラを飲まれる方を見るのでマネしたかったのですが、炭酸に弱いのでカルピスウォーターが自分スタイルということで。
IMG_4606

頂上にはツアー客も多く、なんか揉め始める家族もいたりしたので、食後にはそそくさと下山。
頂上直下には急な下りがあり、また泥濘地でもあったのですってんころりん。
ダウンジャケットを泥だらけにしてしまうというミスもありました。油断してはいけません・・・

都民の森に戻ると、名物という「みとうだんご」を。
高尾山にも御岳山にもこういう団子がありますが、安定していて同じ味ですね!
IMG_4620

行きが3時間程度かかったということは帰りも3時間かかるということ。
帰りのバスは1時間に1本しかありませんので、帰りのバスは要チェックです。
IMG_4621


服装


山頂でお菓子やご飯をたくさん食べる予定だったので、荷物はやや多めでした。
基本的にはドライレイヤー+ベースレイヤー+行動着でOKな気温でしたが、日陰で風が吹くと肌寒さを感じることがありました。

バックパック:グラナイトギア ヴァーゲイト26
シューズ:ALTRA オリンパス2.0
ゲイター:ダーティガールゲイター
キャップ:patagonia ダックビルキャップ
行動着:マーモット ポーラッテクアルファリデュースプルオーバー
インナー:ibex ウーリーズ1 クルー
ドライレイヤー:ミレー ドライナミックメッシュノースリーブクルー
タイツ:モンベル スーパーメリノウール L.Wタイツ
ボトムズ:TRIMTEX Trainer TX ロングパンツ
ネックゲイター:buff
保温着:patagonia ダウンセーター
手袋:ブラックダイヤモンド モンブラン
IMG_4622


このエントリーをはてなブックマークに追加