このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0494

Amazonでアウトドアギアが激安だったので、軽量ハイキングブーツを購入しました。
最大40%以上OFF!Amazonであのアウトドアギアがセール中:[雪]

2015年に発売されて話題となったサロモンの「X ULTRA MID 2 GTX」です。
定価19980円のところ、なんやかんやで7000円くらいだったでラッキーでした。
サロモンの「X ULTRA MID 2 GTX」は、片足約290gという軽量・ミッドカットのハイキングブーツ。
ゴアテックスを採用しており、防水性も担保されています。

目的としては軽登山はもちろん、街歩き用としても期待しています。
サロモンのシューズに共通するフィット感、軽量性、ソールも舗装路に対応できそうだったので。
IMG_0495

軽量とはいえ、堅牢そうな作りです。
爪先が反り上がっており、自然にスピードが出そうな形状です。
IMG_0496

ソールはかなりしっかりしています。
IMG_0497

アウトソールは、耐摩耗性に優れており、ドライでもウェットでもグリップ力を発揮するとのこと。
IMG_0498

舗装路を歩いた感想は、粘りがあるソールという印象で違和感なし。
下山後も履き続けられるハイキングブーツとも言えそうですし、予想通り、街歩きにも使えそうでした。
IMG_0499

サロモンの代名詞「センシフィット」のお陰で、吸い付くようなフィット感。
丸紐はほどけやすい印象ですが、アイレットにはしっかり引っかかります。
IMG_0500

アッパーは防水透湿素材のゴアテックス。
防水性は未確認ですが、強すぎる暖房のオフィスではき続けても、それほど蒸れは感じませんでした。
IMG_0501

軽量とはいえ、爪先など守るところは守ってくれています。
IMG_0502

足首部分は厚みがある素材で保護されています。
IMG_0503

これもソロモンらしさといえる「クイックレース」ですが、このブーツでは採用されていませんでした。
ただアイレットやフックがしっかりしているので、締め上げるのは簡単です。
IMG_0504

実際、通勤で履いただけですが、しなやかなアウトソールのお陰でとても歩きやすいという印象。
一方で、重い荷物を背負ったり、岩稜帯では厳しいのかなという感じでした。
また、インソールに採用されている「オルライトソックライナー」が履き心地を著しく向上しています。クッション性が高く、疲れにくいのです。
IMG_0505

軽く、疲れにくく、歩きやすい。
サロモンの「X ULTRA MID 2 GTX」は、いい買い物のように思いました。
より軽量性を求めるなら、ローカットモデルというのも選択肢になりそうです。
X ULTRA MID 2 GTXR - SALOMON

このエントリーをはてなブックマークに追加