このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_4015

別冊PEAKS『ソロトレッキングの山道具』は、ソロ山行の熟練者たちによる装備の数々が網羅された一冊であり、これからテント泊に挑もうという登山者にとっては必読と思われる内容になっています。
かくいう私はテント泊どころか小屋泊経験もナシ。しかし、いつかはテント泊をと憧れを持っていますので、楽しく読むことができました。
表紙は憧れの山男、山岳 / アウトドアライターの高橋庄太郎さん。
IMG_4016

各人がルートを想定したうえで装備を選定、そのリストを公開しています。
たとえば庄太郎さんなら、立山から上高地に抜ける北アルプス大縦走、期間は1週間を想定。その装備は公開されています。
IMG_4017

ケースは5つに分けられており、
CASE1 短期縦走装備
CASE2 長期縦走装備
CASE3 ブランドスタッフ装備
CASE4 ライトスタッフ装備
CASE5 雪山テント泊装備

となっています。
初めてのテント泊を目指す私のような人間には、バックパックやテントの選び方、食料の量や種類、テント場での過ごし方など、全てが参考になる内容です。
先人たちの装備を拝見しつつ、自分ならこうしようとかって想像を膨らませるのが楽しいですね。

とはいえ、何十人もの装備に目を通して思ったのは
試行錯誤しながら自分に合った装備や食料を見つけよう」ということ。
確かに、これだけ沢山の人がいても被るバックパックやテントというものがあります(それが何かはぜひ実物をご覧ください)。
しかし、「寒がりだから防寒着は削らない」「ドライフードは苦手だから食材とクッカーを充実させる」「思い切って軽量化する」などなどスタイルは人それぞれです。

じゃあ自分はどうなんだと。

私は、汗かきだから着替えは必要かもしれない。寒がりだから防寒着やシュラフは保温性が高いほうがいいかな。ドライフードは苦手ではないけど空腹時には機嫌が悪くなるので食料は多めに持とう、とか・・・

『ソロトレッキングの山道具』は私のような未経験者はもちろん、レベルアップをのぞむ人たちにも参考になる内容になっていると思います。
ぜひご覧ください!


このエントリーをはてなブックマークに追加