このエントリーをはてなブックマークに追加
18

Patagonia が「一般的」なシュラフを発売するようです
去年に発売されたシュラフは保温力の極めて高いダウンジャケットを着用することを前提としたもので、上半身がペラペラ。かなり尖ったギアでした。
今回発売されるのは、850FPの3シーズン用シュラフが2パターン。
快適睡眠温度域がマイナス1度のものとマイナス7度のものになっており、国内での山行にも使えるものになりそうです。
Down Sleeping Bags by Patagonia
09

それぞれ 734g と 912 g という重量で、特別軽量というわけではありません。

850FPのトレーサブルダウンを充填し、表面はPertexQuantum、ライナーはHoudini素材を採用。
DWR(耐久性撥水)加工が施されており、海外レビュアーによると数回の使用では「ほぼ防水」とのことでした。
Tested: Patagonia's First Sleeping Bags

価格は、4.5万円と5.7万円。
同スペックなら他にも選択肢が多そうですが、満を持して発売されたシュラフだけに国内発売が期待されます。
Patagoniaならではのオシャレな色使いとカラバリに気に入ったら・・・って感じでしょうか。

その他、海外レビューサイトの記事はコチラから。
Sneak Peak at Patagonia's First Ever Full-Size Sleeping Bag - adventure journal
Patagonia Launches Its First Full Sleeping Bag • Gear Patrol




スペックの似たモンベルのダウンハガー800 #3 はコスパと使い勝手、機能性のバランスが良いと人気ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加