このエントリーをはてなブックマークに追加
28


北アルプスの登山拠点、平湯温泉から乗鞍スカイラインの平湯温泉下山口までを結ぶ登山道を整備することを目的としたクラウドファンディング・プロジェクトがスタート。
「自分の手で北アルプスの登山道を創り上げる!乗鞍新登山道整備2017」は、昨年も実施されたサクセス。50段の階段の制作が行うことができたというプロジェクトとの第2弾となります。
登山道の整備は誰かがやらなければ、登山を楽しめないわけで、ほったらかしなら荒廃していく一方なわけです。
整備にはもちろん、コストがかかるわけで、それをクラウドファンディングで捻出しようというのは素晴らしいアイデア。
リターンには協賛するアウトドアブランドの製品が含まれており、いやらしい話、元はしっかり取れそうです。
自分の手で北アルプスの登山道を創り上げる!乗鞍新登山道整備2017 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)
平湯温泉と乗鞍岳をつなぐ登山道。乗鞍スカイラインの標高2600m地点「平湯温泉下山口」で下車して下山ルートを楽しむことができ、また稜線歩きを楽しんだあとバスで下山することもできる日本でも珍しい北アルプスの登山道です。


グッズ的なことでいうと注目なのは、12,500円のコースから。
SALOMONのトレランバックパック「トレイル10」とウェストバッグ、記念ステンレスマグカップ、ステッカーという内容ですから、充分すぎます。
12,600円のコースなら、ファイントラックのドライレイヤー、ベースレイヤーが入っておりお得感があります。

もちろん目的は、乗鞍新登山道の整備ですが足を運ぶことができない。資金だけでも協賛したいという方には、魅力的なリターンが見込めるプロジェクトではないでしょうか。
すでに募集はスタートしています。ご確認のうえ、ぜひご参加ください!


このエントリーをはてなブックマークに追加