このエントリーをはてなブックマークに追加
01

ハイキングというと低山をてくてく歩くってイメージを多くの人が持っていると思いますが、広大な国土を誇る米国には「ロングトレイル」というカルチャーが根付いており、気が遠くなるような距離を歩く人たりが存在します。
中でも、パシフィック・クレスト・トレイル(PCT:4261km)、コンティネンタル・ディバイド・トレイル(CDT:約4500km)、アパラチアン・トレイル(AT:3510km)というルート全てを踏破した人物は「トリプルクラウン」と呼ばれ、尊敬されるんだそうです。
そんなトリプルクラウンを冠するハイカー、John Zahorian がアップしている動画は私たち一般のハイカー、登山愛好者にとってもとても有意義なものになっており、必見です。
こちらは、2016年の旅を振り返る内容。
いつも決まった服装と装備で淡々と歩く様子は、哲学者のようでもあります。



PCTを歩くJohn。
大いなるアメリカの自然が、彼の瞳を深く澄ませているかのようです。



最後に彼のギアリストを。
ベースウェイトが2.7kgという超ウルトラライトな装備。経験と体力に裏付けされたものなので、簡単に真似できるものではありませんが、とにかく夢は広がります。



軽い荷物でできるだけ遠くへ。
そんな John Zahorian の自由なスタイルに憧れずにはいられません。


このエントリーをはてなブックマークに追加