このエントリーをはてなブックマークに追加
69960DC3-0659-45F4-9885-1DF78DB5C01C

9月末に隠れ家的キャンプを楽しんで参りました。
気温は20度前後、天候は晴れという過ごしやすいコンディションでしたが、私たち以外のお客さんは1グループ3人のみ。
場所は、山梨県の「月尾根自然の森キャンプ場」。都心からの近さ、交通の便、そして利用者の少なさ、雰囲気・・・
キャンプ経験の少ない私ではありますが、このキャンプ場は素晴らしいと思いました!
利用者の少なさは、調べても全然情報が出てこないってところにあるのかもしれず、いわゆる「人には教えたくない」キャンプ場と言えるかもしれません。

月尾根自然の森キャンプ場までのルート


住所:山梨県大月市梁川町立野106
営業期間:4月1日〜11月30日
電話番号:0554-26-2746
利用料:大人の入場料500円、テント1張り500円(1人1000円支払いました)
※電話で予約が必要です。テントを張っていると管理人さんが利用料の徴収にやってこられるので支払いましょう。

月尾根自然の森キャンプ場はオートキャンプも可能ですが、クルマがなくても行ける立地にあるキャンプ場です。
JR東日本中央本線の梁川駅が最寄りで、新宿駅から1時間30分程度で到着できるのは大きな魅力ではないでしょうか。
1C32ABD4-E6B9-4106-A945-0946434EDF41

横断歩道を渡ります。周囲には飲食物が買える商店が2店あるようですが、1つは営業を確認できませんでした。
コンビニなどはありませんので、ある程度の物資は持参する必要があります。
9672AD0B-8703-4C0F-A8C1-E12B9DD0D685

峡谷にかかる大きな端を渡り、住宅地を抜けます。
舗装された山道を登ると・・・
EA9D7FF4-C60C-42B0-BA37-A84660238480

駅から15分くらい歩くとと、月尾根自然の森キャンプ場の看板があります。
627AE860-84C1-4BCE-B742-3A084EEC1AD8

そこから未舗装路へ入り、ずんずんと進めば到着です。
ここまで1人も他の利用者に出会いませんでした。
459118B9-56D2-4B47-8736-67FC734B2FC8


月尾根自然の森キャンプ場の雰囲気・設備


月尾根自然の森キャンプ場は、クルマ乗り入れ可能、区画分けされていないフリーサイトとなっています。
1E212D65-E270-46F4-B5FF-9B02712B2939

シンプルの広いキャンプ場、基本的には樹林帯で下は落ち葉のつもったフカフカした地面です。
E36CCD75-ABD3-40F3-A314-E3E9A25069BA

謎の池があったり(魚などはいない)
5C60E18C-10A2-4521-801A-0DEDB45EA818

いろんなキノコが生えていたり。
F63EC8C8-1C13-4485-ADF1-ACCB1B92A592

膨大な量の栗が落ちていたり。
5AB1F3E6-B80D-4FE0-96A4-211243FBD1DA

パーティで訪れた際には、焚き火台を使うと良さそう。
07751405-FDBA-481A-AB23-5F1B86D03DD4

水場、洗い場もあります。
洗剤やタワシなども常備されています。
8BB85142-39A5-4E36-B899-51066908E702

温水シャワー(未確認)、トイレは2つ。
和式の水洗トイレで、新しくはないですが掃除が行き届いておりキャンプ場だと思うとかなり快適です。
フェスのトイレのほうが酷い。
8BB85142-39A5-4E36-B899-51066908E702

時期外れのノコギリクワガタを発見してテンションが上がった。
33481981-79FA-4BAF-AFEE-8D97E92CA040


月尾根自然の森キャンプ場は超穴場で過ごしやすい!


キャンプ場で最も楽しめない状況はテントが密集しており、静かな時間を過ごせないこと。
ここはフリーサイトで好きな場所を選べるだけでなく、とにかく利用者が少ないので静かです。
私がテントを張ったのはこの場所。平地で地面が柔らかく、木々の映え方もちょうどよかったんですが、裏が沢になっており夜間は少し寒かったです。
B2FA45C5-F350-4C09-B9B2-F26FE18FA087

テントは、NEMOのATOM 2P。
2人用テントで広々、ダブルウォールで快適。朝には少々の結露がありましたが、それは仕方ないでしょう。
D9FF8172-4ADD-4027-8E7A-A8C2F9A55E4B


とにかく寒いのが嫌だったのでテントのフットプリント、その上に「SOL ヘビーデューティ エマージェンシーブランケット」。
OMMのDUOマット、NEMO「ZOR 20R」、そしてクライミットの「イナーシャオゾン」を敷きました。
マット重ねすぎですが、寒くもなくてしっかり寝れたので、良かったかなと。



友人はハンモック+タープ泊。
強者っぽい。
2EEC2FD0-6B55-4F91-BF29-796A3DA20909

SOTOのフィールドホッパーをテーブルに。
料理をするつもりだったので、ガスストーブにしました。
B592C8E3-7BCC-41B4-8546-8436FA9F9475

SOTOの「テトラ」でソロ焚き火。
松ぼっくりとか枯れ枝とか、素材には事欠きません。楽しい。
D8BA8FB1-1BE0-42FC-B37B-BED93CD5C881


一方で、友達はピコグリル398で焚き火。重量442gの折り畳み焚き火台は充分に担げるサイズです。
欲しくなりましたね。
19A0F130-DC4F-4761-B3F5-24C379C09F43

ピコグリルの上でシシャモ焼いたり、焼き鳥焼いたり。
CA69F299-D69F-4C28-AC20-4A7A138DF149

持ち手をそこらへんの枝で代用するという、ブッシュクラフトの「焚き火フライパン」。
A72A7518-30EB-4811-BE38-9DF5219CD1DE


これで肉とか焼くと本当に楽しいっすね。「やってる感」が出ます。
8B689C24-0218-4CDE-BB51-B11DC3735D66

夜の楽しみは、やっぱり焚き火。
22時くらいまで焚き火をしまくって、寒くなったので就寝。
さすがに夏みたいな格好じゃ寒いなって感じでした。
3B3DCE92-632C-4BA3-9A32-8206FF74A302

夜のテント内は15度を下回るくらい。
0度対応のシュラフなので問題なさそうではありましたが、エスケープライトビビィを被せて寝ました。
ちょっと暑いくらいでした。
寝間着は、メリノウールの上下に薄手のボトムス、上はキャプリーンのサーマルウェイトに、モンベルのEXライトダウンという感じ。


ぐっすり眠り、朝は快晴!なんと美しい光景か。
69960DC3-0659-45F4-9885-1DF78DB5C01C

焚き火で目玉焼き。
2F53DFC1-213B-429B-925A-BDE7A1B8D45F

帰りはまるで夏のような風景でした!
チェックアウトは自由なので、ソレも良いですね。
AC7CF9E8-EA20-4FB4-9F97-CFB9127420F0

月尾根自然の森キャンプ場は人がいなくて本当に快適。
超穴場って言っていいんじゃないでしょうか!!



このエントリーをはてなブックマークに追加