376C314C-AFA4-42E2-9933-D1FF01424AC4

デイキャンプと言えども都心からは何時間もかけなければ、キャンプ場が無い。
そもそも冬季は閉鎖している場合もありますね。
クルマを持たないキャンプ好きの私たちにとってはこれは死活問題です。

と思っていたら、いい場所がありました。
おそらく冬季限定でしょうが、都心から驚くほど近いデイキャンプにピッタリな場所が。
新宿駅から京王線準特急だと30分程度でいける分倍河原という駅があります。
そこからバス、もしくは徒歩でアクセスできるのが「府中郷土の森バーベキュー場」。
バスの本数は多くなく、徒歩だと20分以上いかかるので、都心からは結局1時間くらいになるでしょうか。
大荷物なら迷うこと無くバスを選択すべきかと思います。



午前8時から午後9時までの時間に利用できて、宿泊は不可能。料金はなんと無料
予約も不要です。
直火は禁止ですが、焚き火台などがれば焚き火はOKです。

ロケーションは河原と言った感じ。
夏であれば、川遊びやBBQ客でごった返すのでしょうが、寒い時期はそれほどでもありません。
とはいえ、ペグダウンもOKなのでテントも何張りかはあるようでした。
A622ADB4-C050-4BAE-A674-6FED1C15A54E

幅の狭い河原ですが、横には長いので、自分が落ち着ける場所を上手く見つけることが肝要です。
それでも、犬の散歩やランニングしている人たちが行き交うでしょうし、すぐ近くにはサイクリングロードもあるので静かに焚き火を楽しむというわけにはいかないでしょうが。
地面は平面なので、シートを引くも良し、お昼寝だってできそうですね。
3E7C3738-1CCA-4E61-A9B6-C4036D5DF652

焚き火台とバーナーをセット。
冬にしては暖かい日でしたが、それでも焚き火があると幸せですね。
C27E148F-F4F3-469B-982E-2351C90ABB3F

炭や薪の販売はありませんので、ダイソーで購入した炭を2袋持っていきました。
着火は早いですが、持ちも悪いです。すぐ燃え尽きるので、デイキャンプには良いかもしれません。
678C3BFD-BD8E-4F00-A262-AED2D9B9BB01

ノコギリやナイフなどを持っていましたが、薪になりそうなものはありませんでした。
細くよく燃えるものはあるのですが、手頃な太さで時間がある程度持ちそうなものを見つけることができませんでした。
広く探せばあるのかもしれません。
F96A6929-3315-4F83-8F24-66D3204FEC84

大きめの鍋でラーメンを食べ、お湯を沸かしてお茶を飲む。
目の前では川で野鳥が憩う。(その向こうには大きなゴミ処理場がありますが)
それが公共交通機関で都心から1時間程度なんですから、素晴らしいことです。
なにより無料でテントまで張れてしまうんですから。
353A82EC-72D0-4426-84D3-7981E7B211BE

春〜秋は、おびただしいほどの人出になるのでしょうが、今ならまだ間に合いそうです!
冬のデイキャンプには、郷土の森公園という選択肢を覚えておくと良いかと思います。