A32BFC7C-1C28-4242-AD9C-BD8AF582FB47

アートディレクター&イラストレーターでありジェリー鵜飼さんの個展「記憶の地図」に行ってきました。
開催場所は、岩本町のムーンライトギア。ULアウトドアギアを取り扱う有名店であることからも分かる通り、ジェリーさんはハイキングカルチャーにも大きな影響を与える人物です。
そのイラストは淡く優しい色合いで見る者をハッピーにしてくれるものばかり。
ご本人の佇まいからもそれは伝わってくるようです。

tempraさん(@tempra_jp)がシェアした投稿 -


色使いとか表情とか、本当に優しいんですよ。

MEGURUさん(@meguru_mie)がシェアした投稿 -


nonさん(@girlslabo)がシェアした投稿 -



TYVEK IS MAGIC PAPER


2/17は、ジェリーさんがデザインしたタイベック(建築などに使われる高密度ポリエチレン不織布。アウトドア素材にも使われる)をクリエイターたちがプロダクトに昇華するというイベントが開催されていました。
アトリエブルーボトルやローローマウンテンワークス、リッジマウンテンギアなどなど人気のブランドが手掛けたアイテムが展示即売されており、開店時間には行列が出来ていたそうです。
ジェリーさんのイラスト、そしてクラフトマンたちのプロダクト、それぞれが作品であり、私も何か作りたいという思いにかられてしまいました。裁縫や工作は得意ではありませんでしたが。
08D0C28F-D099-481A-B16E-BFF02E1950A8

タイベック製品は1人1品までという制約付き。
キャップ好きの私は、タイベックシートを使ったキャップを購入しました。
タイベックに防水透湿性があるとはいえ、完全にファッションアイテムと考えてのことです。
古着にもタイベックを使ったようなジャケットがあり、このキャップも時間を経ると味わいがでてくると思います。
0358392B-8145-4C62-BE44-EDADABFB8801

もう1つ購入したのは、温度計とコンパスが合体したもの。
ジェリーさんのブランドである「ULTRA HEAVY」モデルです。
81CA08AB-9A08-4209-B10C-5DCBAB7A1C32

ムーンライトギアで販売されているギアの数々とジェリーさんのイラストは、不思議が統一性を見せていましたし、タイベックを使用された各ガレージブランドのアイテムも雰囲気を作っていました。
その中心で、ガレージブランドのレジェンドたちが談笑されているんですから、恐縮するやら緊張するやら微笑ましいやら。
上がったテンションを押し殺すのに必死でしたが、本当に楽しかったです!

関連記事