IMG_20180713_085654-01

もう今さらって感じですが、アラフォーのおじさんですが、日焼け止めを塗るようにしています。何十年にも渡る不摂生とサッカー&フットサルによって人よりはかなり日焼けしてるほうですし、焼け石に水ではあるんですがね・・・
とはいえ、もうそろそろ意識を高く持たないと辛い、黒くなるだけじゃない、肌荒れが凄い。

日焼け止めはSPFやPAがどれだけ高くとも、十分な量をこまめに塗らないと効果が得られないんだそうです。
そこで、便利だなとズボラなおじさんでも使い続けていられるのが「スキンアクア パーフェクトUVスティック」。
スティック状の日焼け止めです。
数値的にはSPF50+、PA++++です。
価格は10gで740円。「日焼け止めなんかに高いお金は出せないよー」というおじさんでも買える値段ではないでしょうか。
なお、各数値についてはこちらをどうぞ。
SPFとPAの違いって? 賢い日焼け止めの選び方
「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のこと。1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUV-B波に対するの防御効果が高いことを表しています。

「PA」とは一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安。4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表しています。

IMG_20180713_085725-02

スティックタイプなので、ピンポイントに塗りやすいのが特徴です。
ベタつきも少なく、手で伸ばすことがないのでその後にヌルヌルするなんてこともありません。
コンパクトで持ち運びが便利、片手で使えるので、塗り直すという行為に対する心理的なハードルは、かなり下がります。
IMG_20180713_085708-02

顔にも塗りやすいのですが、一方で腕や足などの広い範囲に塗ろうとするとムラになりそうですし、首の後ろなどスティックだけに塗りにくい部分もあります。
そのあたりは難点ですかね。
広い範囲はジェル状の日焼け止めを使ったり、肌が敏感なところ、あれやすいところは、より肌に優しい製品を使うなど、いくつか使い分けることが必要そうです。
IMG_20180713_085816-01

日焼け止めを塗ったほうがいい、というのは当然のこと。
ズボラしてボロボロ肌のおじさんになりたくはないので、みんな塗っていこうじゃありませんか。


関連記事