このエントリーをはてなブックマークに追加
18

ガレージブランドの祭典「Off the grid」が今週末に迫り、どのブースに行こうか、何を買おうかと算段をつけている方も多いのではないでしょうか。
出展ブランドとピックアップアイテムは、公式FacebookやInstagramで紹介されているので要チェックです。
どれも手に取り、見てみたいものばかりですが、中でも個人的に注目の商品をご紹介します。
開門ダッシュしないと、売り切れちゃうかも!

RawLow Mountain Works


バックパック界の新星からは、多くのスペシャリストが2016年のベストバイに上げた「タビチビトート」のキューベンファイバーver。軽量化に心を割くハイカーにはオススメですね。

・ ・ TABITIBI Tote Hybrid Cuben Fiber Edition (Limited) ・ 3color ・ AD Blue. Black. Olive. ・ 80g ・ 価格未定 ・ オフザグリッドにて限定数ですが先行販売決定しました。 ・ ハイブリッドキューベンは軽量で防水性の高い素材なのはもちろんですが、和紙のような独特のシワ感と経年変化が楽しめます。ノーマルのタビチビより125g→80gと軽量化されています。 ・ ただし耐久性やタフさはやっぱりノーマルタビチビには敵いませんので、素材&軽量マニアの方へオススメです。 ・ マニアックな素材ですので、その辺りご理解いただける方へ(笑) ・ お楽しみに! ・ #rawlowmountainworks #hybridcuben #cubenfiber #rawlow #オフグリ2017 #オフザグリッド #offthegridjapan #tabitibitote

RawLow Mountain Worksさん(@rawlow_mountain_works)がシェアした投稿 -



if you have


人気のクッカー「パウンドカップ」はチタン製で450mlですが、この「ビッグパウンドカップ」はなんと容量1L!なのに重さは98g。
複数人で使うならこの容量、この軽量さは素晴らしい!



日本のガレージブランド、MYOGを牽引してきたif you haveから待望のバックパックが登場。
発売前に1足早く最終サンプルが展示されます。

【出展ブランド紹介#15】 <ifyouhave> @ifyouhave ”More with Less”をテーマに、シンプルだけど他にはないアウトドアギアをつくっています。 チタンのカップやストーブの金物系から、バッグ、財布などの縫い物系まで、まだ商品数は少ないですが、長い期間をかけて開発し、納得できたものだけをリリースしています。 今年は開発に3年以上かけたバックパックを発売予定で、最終サンプルを展示いたいます。 http://www.ifyouhave.org https://www.facebook.com/ifyouhave.org/ https://www.instagram.com/ifyouhave/ ㅤ <Pick Up> バックパック「名称未定」 容量20L〜最大40Lほどの、デイハイクからテント泊はもちろん、近年のUL装備であれば無雪期のロングハイキングや、雪山にも対応できる幅広く使えるサイズのバックパックです。 いかにパックの揺れを減らし、背中に吸い付くようにフィットさせ、重さを感じないで歩けるかを考え、フレームパッドや、上中下段のコンプレッション、ショルダーポケット、その他オリジナルのアイデアを詰め込みました。 開発に3年以上かけ、生地、テープ、コード、プラパーツ、パッドなどを厳選し、調整を繰り返したこのバックパックは、パッと見はオーソドックスなULパックのデザインですが、使ってみると全くの別物であると感じていただけると思います。 ㅤ #offthegridjapan #オフグリ2017 #オフグリ2017出展ブース

Off the Gridさん(@offthegridjapan)がシェアした投稿 -



atelier bluebottle


バックパックやサコッシュで知られるアトリエブルーボトルがついにアパレルへ。
メリノウールと化繊を混紡した素材で、ハイカーに嬉しいディテールが満載です。今、夏のハイキング用Tシャツを探しているところなので、これはマストバイかも。

【出展ブランド紹介#4】 <atelierBluebottle> @atelierbluebottle 「デザインから縫製まですべてを自分たちの手で行う」アウトドアブランド 必要な分だけ生産する。作り手が買い手に直接届ける。 誰よりもシンプルかつフラットな方法で。 私たちはいつまでも続けていきます ごまかしのきかないものづくりをすべての山好きのために。 アトリエブルーボトル http://www.atelierbluebottle.com https://www.facebook.com/abluebottle/ https://www.instagram.com/atelierbluebottle/ https://twitter.com/atelierBlueb ㅤ <Pick Up> [Hiker’s T-shirt] ウールの特徴でもある断熱性で冬は暖かく夏つは涼しく、さらに抗菌消臭効果で 汗をかいても臭いません。化繊を混紡することでウール100%にはない肌触りと汗抜けの良さを実現できました。 素材、縫製はスイスのブランドとコラボレーション。 型は一から起こした完全オリジナル。 ストレスの掛かる部分にはノンシームによる縫製。 ザックとの摩擦が大きい肩には部分的に厚い生地を使用。 山を歩くことにに重点を置きました。 最も重要な生地はメーカー独自で開発した最先端素材。2年間にわたり山や街着としてテストを重ねその素材のポテンシャルの高さを実感することが出来ました。国内のメーカーでは入手できなかった素晴らしい生地を使用し日本人にあったサイズ感、普段着としても違和感のないデザインで作り上げたHiker’s T-shirtをoffthegridで先行販売いたします。 ㅤ #offthegridjapan #オフグリ2017 #オフグリ2017出展ブース

Off the Gridさん(@offthegridjapan)がシェアした投稿 -


熊鈴ですね。しかし、アトリエブルーボトルが作るとクラフトマンシップ溢れるアイテムへと代わりました。



TACOMA FUJI RECORDS


タコマ初の手ぬぐいがOff the gridで登場。アートワークも注目です。
手ぬぐいはいくつ合っても良いものですよ。

【出展ブランド紹介#88】 <TACOMA FUJI RECORDS> 2008年から東京を拠点に展開しているTシャツ・レーベル、タコマフジレコード。 アウトドアシーンとの親和性の高さから、初年度より3年連続の参加。 今夏新作の一部を展示・販売予定です。 http://tacomafuji.net ㅤ <Pick Up> ***PACKLIST 2017*** 初年度のOFF THE GRIDで販売&見事に即完売したPACKLISTが無駄に豪華になって再登場です。 このTシャツ、着用した状態で自身の持ち物リストが確認できるデザインになっていて、下部には友人、知人のブランド・ロゴが入っています。 前回からさらにTEMPRA CYCLE、RUN BOYS! RUN GIRLS!、ULTRA LUNCH、ANSWER4、HARIYAMA PRODUCTION、JINDAIJI MOUNTAIN WORKS、BAR LIQUORSが参加。 「全員呑み仲間なんじゃないか」というシンプル&ストレートな指摘は一切無視して販売致します。 カラーは2色。タコマ調べによると、ネイビーやブラックのシャカシャカしたパンツに似合う2トップ配色を採用。 1つはホワイトボディにネイビープリント、もう1枚はヘザーグレイボディにバーガンディプリントとなります。 数量はそれぞれ限られています。予価5,500円です。 ***手ぬぐい*** OFF THE GRIDで初登場はタコマ初の手ぬぐい。 数年前から暖めていた企画がようやく形になりました。 都合良く考えれば、TACOMA FUJI的UH/即完機能素材とも言えるのではないでしょうか(いや、この際だから言ってしまおう)。 五木田智央描き下ろしのアートワークが全面に施されたこの手ぬぐい、伝統の注染で染め上げた文生地の仕上りは絶妙な仕上りとなっています。 藍色と朱色の2色展開。これ、滅茶苦茶いいですよ。 予価1、500円です。 ***DINEX*** 既にイベント出展時には販売しておりますが、今回も販売します、DINEX。 タコマ制作のDINEX第一弾は「THIS IS NOT HERE」、第二弾は「MILK AND COOKIES」 そして第三弾が今回の「THIS IS NOT FOR EVERYONE」です。 前作2つが隠喩的な意味合いのものだったのに対して、メッセージをより直接的な表現にしています。 「お前の為にやってんじゃねぇよ」と理解して頂いても結構ですし「好かれようなんて思ってないよ」でも結構。 皆さんで好きに解釈して頂ければいいのです。 予価1,500円。 上記以外にも、3月末にリリースされた新作Tシャツも勿論販売予定です。 ㅤ #offthegridjapan #オフグリ2017 #オフグリ2017出展ブース

Off the Gridさん(@offthegridjapan)がシェアした投稿 -



いかがでしょうか。
注目する必要のないブランドなんてOff the gridにはないので、上記のアイテムだけでなく散財してしまうこと間違い無しです。


このエントリーをはてなブックマークに追加