IMG_8391

自分の足への適正からハイキングシューズはALTRAだって決めつけていたんですが、ネットで見かけて店頭で試着して、これはヤバイって思ったのがスカルパの「アトム」というシューズ。
イタリアの重厚なトレッキングブーツというイメージのあるスカルパですが、これは驚くほど軽快な仕上がり。
自分の足にはビタっとフィットしたし、グリップも抜群。
短い距離なら、パートナーはこのシューズになりそう。
スカルパが著名なトレイルランナーであるジョー・グラントと手を組んで開発したのが、この「アトム」。
アルパインランニングカテゴリーにおけるフラグシップモデルとなります。
重量は約518g、足型は幅広なので日本人にも安心です。
分厚いタンがフィット感がよく心地よい。
IMG_8381

アウトソールは、ビブラムメガグリップ。
ラグパターンは深めで、これが素晴らしいグリップ力を生みます。
岩でも泥地でも関係のない安定感を生んでくれますし、左右へのブレもありません。
IMG_8390

ソールのドロップは4mmとのこと。
ほとんどフラットに近く、ゼロドロップのALTRAに慣れていた私にも違和感なし。
普段履いているマックスクッションのオリンパス2.0と比べるとかなりソールは薄いく、石を踏むとしっかりとその感覚があります。
しかし、その薄さゆえに足裏感覚があり、体が自然と重心をコントロールしてくれている気がします。
IMG_8389

アッパーは高い撥水性を確認しています。
通気性の高いメッシュアッパーで、清々しい履き心地です。
また、爪先はしっかりとしたガード性があり、石や根にぶつけても痛みを感じないくらいでした。
IMG_8392

包み込むようなヒールカップは、踵を上げても浮くことがありません。
アトムは「登りに強い」と言われますが、そういう時にでもカポカポと踵が離れないのは素晴らしいことです。
IMG_8393

特筆すべきはこの柔軟性。
柔らかでしなやかな前足部はかなり自由度が高くなっています。
坂道を登るのも岩に足をかけた時にも使い勝手が良かったです。
先日、高水三山を歩いた時に急に現れた岩場も安心してクリアすることができました。
IMG_8394

足入れの感覚が抜群なアトムですが、紐を通すフックも特徴的でした。
紐をキュッと締め上げることで全体のフィット感が上がるような構造になっています。
IMG_8395

羽根のように軽く、強靭な爪のようにグリップ力が強い。
今までクッション性が強い靴を履いていたので、足裏に石があたる感覚に違和感を覚える時もあるわけですが、それを補って余りある安定感でした。

トレランシューズという位置づけでしょうが、軽快なハイキングシューズとしてもかなり使えそう。
スカルパのアトムを店頭で見かけた際にはぜひ、ご試着を!

関連記事