このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1183

キャンプで重宝した照明器具がコレでした。
といっても、コレ自体が発光するわけではありません。手持ちのヘッドライトをランタンに変えてくれるというスグレモノ。
モンベルの「クラッシャブル ランタンシェード L」です。
登山にはヘッドライトは必須アイテム。エマージェンシーキットとして、日帰りでも携帯することが推奨されています。
そのため、登山を楽しむ人であればヘッドライトはお持ちのはず。だったらそれを有効活用しようじゃないかということですね。
重量は8gと超軽量ですし、テント泊の際にもランタンを別に持っていくよりも、ヘッドライトをランタン化するほうが重量的に有利です。

底はこんな感じで、内側に反射素材が張られています。
クラッシャブル ランタンシェード L」は、通常サイズのものよりも反射面が広く、より広範囲を照らしてくれますし、重量的には1gしか変わらず、価格も100円程度しか変わらないので、Lで良さそう。
IMG_1184

フクロ状になっていて、これが一体どうランタンになるのかというと・・・
IMG_1185

中にヘッドライトを入れて、口を絞るとランタンに。
ヘッドライトが下になる状態で置くとシェードが立つので、卓上で使えるランタンに。
IMG_1186

テントの中では、天井などにカラビナやフックで引っ掛けると、夜のテント内がとても快適になります。
IMG_1194

キャンプでメインに使う照明としては、いささか心もとない明るさかもしれません。
そもそもオートキャンプなら重量の心配などせず、ガスランタンを使えばいいのです。
あくまで自分で背負っていくなら、という前提であれば、テント泊でもキャンプでも「クラッシャブル ランタンシェード L」は良い選択肢だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加