このエントリーをはてなブックマークに追加
97BC3206-9B9D-4CAF-A689-B90AC35D2B6B

多くのキャンプ場は直火禁止ですので、焚き火台やBBQコンロを持参もしくはレンタルする必要があります。
しかし、どこでもレンタルできるわけではありませんし、キャンプ好きが高じたら「マイ焚き火台」が欲しくなるものです。
私もちょこちょこと少人数のキャンプに行くようになりましたので焚き火台を探しており、ついに見つけました。
超軽量でコンパクト、それでいてカッコいい焚き火台「ピコグリル 398」です!

ピコグリル398は、超軽量でコンパクト


F318E149-C3C3-48C7-9770-501A9DD6BB16

キャンプ道具に総じて言えることですが、基本的にはクルマに積んで運搬することが前提となっているような気がします。
そのため、重く嵩張るものが多い・・・
私はクルマを所有していないので、全ての荷物は自分で背負わなければなりません。
できるだけ軽く、できるだけコンパクトな焚き火台はないものかと探しました。

キャンパーに人気のスノーピーク「焚火台S」は重量1.8kg。
コールマンの「ファイヤーディスク」は1.6kg。
その程度かと思われるかもしれませんが、他にテントや寝袋、マットなども背負うことを考えると、正直1kg以下の焚き火台が欲しいところです。

そこで発見したのが、「ピコグリル398」でした。
元々は友人が使用していたもので、A4サイズという収納性と驚くべき軽量っぷり。
問題は、販売しているところがWeb上にしかなく実物が見られないこと。
それでも、使用例などを漁っていくと「もうこれしかない」という感じになりました。



「ピコグリル398」を使ってみた


折りたたんで収納する「ピコグリル398」の内容物は、受け皿となる折畳式のステンレス製の板とそれを支えるための足、そしてスピット(串系五徳)のみ。
重量は442gととても軽量ですし、すごく薄いので、バックパックの隙間に滑り込ませることが可能です。
ED235F23-92EF-4E51-8598-D517145DEF22

足と受け皿を広げて、割れ目にはめ込むだけで組み立て完成。
1分もかかりません。
17E5A045-C9D2-4588-8CE7-705423D8D0CC

特徴として凹んだ構造によって、空気の流れが生まれることで燃料効率が良い点が挙げられます。
横向けに大きな薪をくべることで安定した焚き火を行うことが可能です。
CD0369CC-4E09-40CD-8C47-E8E52644F070

軽量で携行性が高いのに、燃焼性も高く簡単に使えるというのが「ピコグリル398」の素晴らしいところ。
8A2C3076-48BF-4252-BDEC-58265083E470

構造上、下に空気の流れが生まれるので焚き火も炭火も簡単に火をおこすことができます。
32FEFBDF-453D-4B59-8430-3325A1FA239C



そんなに焚き火や炭に精通していない私でも、困ることなく扱うことができます。
5E6F2CF0-1D64-4949-88FC-6410283BC826

スピットがあるので、網を乗せたり鍋を乗せたりもできます。
貧弱そうに見えて、安定感があるので重たいものでも大丈夫です。
暖を取る焚き火から調理まで、これ一台でOK。
ソロキャンプにはこれが最高ですね!
3A4BA17A-391E-43A7-9A87-1BA020E69079


「ピコグリル398」が購入できるのはコチラ


ピコグリル398 | WANDERLUST EQUIPMENT
Picogrill 398 ピコグリル 398 - Pikari outdoorshop ピカリ アウトドアショップ
このエントリーをはてなブックマークに追加