FDD87EEC-3AB4-4DCD-B961-A87F442579F5

焚き火がしたいがためにキャンプに行く、というマインドです。
この「モーラナイフ」は、キャンプ仲間の友人が薪を細く割ったり、燃えやすい加工をほどこすなどに使っており、カッコいいなぁと思っていた次第。
お料理に使うわけではなく、あくまでウッドクラフトに使おうと思っております。
前回のデイキャンプでは適切な木材が見つからなかったので細い枝を、欲望のままに叩きまわっておりました。

モーラナイフは、創業125年を誇るスウェーデンを代表するナイフブランドで、王室御用達してキャンパー御用達。
そのうえ、コスパも良いんです。
BDB2B1D3-FBD5-48CE-8B54-2C09E05C2E1A

私が購入したのはベーシックな、「コンパニオン MG」。
サイズ感は、刃長:約103mm、全長:約218mm、刃厚:約2.5mm、重量:約84g(ナイフのみの重量)。
大きな薪をどうこうするには辛いですが、小さな枝なら大丈夫でした。
FAD4A204-B742-45FB-A030-FE83A9DCF212

刃厚も十分なので、バトニングやフェザーを作ることも可能とのこと。
早くやりたいなぁ。
なお、刃長は約10cmなので、太い薪には対応でき無さそうです。
また、先程からウッドクラフトの話ばかりしていますが、お料理にも使えます。
CC1DA117-7629-4A36-9255-CD7ADA40AAC7

こちらの素材はステンレスで錆の心配が少ないのが、ズボラな人間としては嬉しいところです。
切れ味を求めるなら、少し値段が上がりますがカーボン製もあります。その場合は錆への対策が必要になりますね。

こちらが、カーボン製のコンパニオンです。


手入れが面倒って人は、やっぱりステンレスのモーラナイフです。
ステンがレスですからね。
というわけで、モーラナイフで楽しい焚き火&ウッドクラフトライフを送りましょうー。