スクリーンショット 2018-06-23 9.34.02

梅雨の間にアウトドアやフェスの予定を詰め込んだという方、そしてこの夏こそハイクやフェスにデビューしようという方。
何事も、大切なのは足元をしっかりとすること。
ラッキーなことに、amazonではシューズに使える今15%オフクーポンが発行されていますので、それを利用して揃えちゃうといいんじゃないでしょうか。
オススメをご紹介します。
ハイキングでもフェスでもシューズに求められるのは、快適にアクティビティを楽しめるということ。
グリップ性だったり、防水性だったり、もしくはオシャレなカラーリングだったりという要素が大事になってくるかと思います。
オススメのポイントはそのあたりに留意しております。

adidas


独自のデザイン性と高い機能性で、トレイルランニングシーンで確固たる人気を確立しているのが adidas。
程よいストリートっぽさもあって、アウトドア過ぎない雰囲気なのでシーンを選ばず、街使いだってOKです。

TERREX T.W.O. BOAは「白」という珍しいカラーリングと、ダイヤル式にホールドするBOAシステムを採用。
クッション性もあり、コンチネンタルラバーのアウトソールはトレイルの様々な場面でも変わらぬグリップ力を発揮します。



雨が気になる時には、防水メンブレン「GORE-TEX」を利用したシューズが安心。



エントリーモデルならかなりお買い得に防水トレランシューズもゲットできます。



サロモン


トレランのみならず最近ではハイクの分野でも大きな存在感を発揮しているのが、サロモン。山を楽しむ革新的なギアを常に生み出し続けています。

OUTpath GTX は、独自の圧着技術による抜群の軽さとプロテクション性を獲得したというモデル。
悪い路面でも安心のグリップ力です。



歩行サポート力の高いX ULTRAシリーズ、X PRO シリーズは、サロモンのスタンダードライン。
雨のことを考えるとゴアテックスが安心です。



inov8


イギリス発、優れたグリップ力で過酷なオフロード環境を走破できる軽量シューズを生み出し続けているのが、inov8。
クールなデザインも魅力的です。

ROCLITE 286 GTX は、多くのファンを獲得してきた名品。
ゴアテックスかつ超軽量のミッドカットシューズで、長距離歩行に適しています。デザインも格好いい。



他にもファッションアクセントになり、悪路に強いシューズがありますよー。



その他




関連記事