snow-2382221_640

北海道の人は、雪でも傘は差さないし、凍結な路面を見事に歩きこなすと聞きました。
結局は「慣れ」と「備え」が万全であれば憂いなし、ということなのでしょうが、この東京の住人はあらゆる天候に対してアメリカのカップケーキばりに甘いのです。
積雪など年に数回あるかないか、氷点下になることなどあれば逆に催事扱い。そのくせ、渋谷・新宿・池袋で滑ってコケる人、人、人。
凍結した舗装路やタイルなどほど、恐ろしい罠はありません。なのに、あなたはその靴底ツルツルの革靴やスニーカーで出かけるのですか?

手軽に装着できる「滑り止め」のこと、調べておきません?
某大型雑貨店にもありますし、アウトドア専門店にもあります。
雪山ではアイゼンという登山靴に装着する「爪」があるんですけど、それよりもかなりカジュアルに普段履きするシューズに装着できる簡易的なスパイクがあります。

価格は1,000円~5,000円程度と幅がありますが、安全のためならそう高くはないという考え方もあるでしょう。
なにより、滑りにくい靴を買うよりが断然安いですしね!

というわけで、いろいろご紹介しましょう。

モンベル「リバーシブルグリッパー」



俺たちのモンベルは、便利なリバーシブル。
木道用と凍結路面用を使い分けることができ、みんな大好き高尾山のロープウェイを降りたあとでも活躍します。
ラバーループで固定するため、幅広いサイズで利用可能で男女関係なく使えます。

エバニュー「ノンスリップスノースパイク」



幅広いゴムバンドで靴に固定できるため安定感が高い。
サイズ展開も豊富、安価なので、いざというときに備えてキープしておきたいものの1つ。

グリベル「スパイダー」



クライマーだけでなくハイカーにも支持される「グリベル」の簡易アイゼン。
ピンが10本もあり、グリップ力は抜群だし、ペアで155gと軽量なのも嬉しいところ。
街中ではオーバースペックかもしれませんが、時に都会は低山より危険ということもあるのです。

vibramKANZIKI



ビブラム社の「アークティックグリップ」を採用した簡易かんじき。
スパイクではなく、成分の配合を変えたソールに組み合わせによって滑りにくくしているというハイテク滑り止め。
傾斜20度の氷上でも一切滑らないという動画が公開され話題になりました。


実はもっと安いやつはいくらでもあるのですが、信用できるアウトドア系からピックアップしました。
スッテンコロリンして体にも心にも怪我を負わないために、「滑らぬ先の滑り止め」はいかがでしょう?

関連記事