1548375762033-01

オシャレアウトドアブランドの「アークテリクス」は、街で使ってもやっぱりオシャレでした。
先日アークテリクスのバックパック「マンティス26」を購入したのですが、これが最高すぎるのでほぼ毎日背負っています。
デザイン、収納力、機能性。どれをとっても言うことなしなのです。高いけど。

「マンティス26」のスペック



IMG_20190106_120632-01

【素材】 表地: 100% ナイロン / コーティング:100% ポリウレタン /
【容量】 約26L
【重量】 865g
【サイズ】 幅 27/高さ 47/マチ 14/持ち手 20/

トレイルからタウンユースまで幅広く使え、シンプルながらテクニカルなパフォーマンスを発揮するバックパックです。
大きなメインコンパートメント、複数のポケットを持ち、ラップトップPCの持ち運びにも適しています。
ショルダーパッドも分厚く、背負い心地もバッチリです。

「マンティス26」を背負ってみた


中身が全く入っていない状態で背負っていますが、ハリのある生地と背面パッド、アルミ製ステイのおかげで、スタイリッシュな形状を保てています。
1548375747980-01

安定したフレームと分厚いショルダーパッドのおかげで、背負い心地は快適です。
街使いはもちろんのこと、1泊2日くらいの旅行にピッタリ。ラップトップPC用のスリーブや小物を収納するポケットも豊富なので、出張にも使えそうです。
1548375751638-01


「マンティス26」のディテール


まずはフロントに大きな「アークテリクス」のロゴ。
刺繍されており、高級感もあります。
ちなみに「アークテリクス」とは、ジュラ紀に生息していた現生鳥類の祖先と思われた生物「始祖鳥」のこと。
IMG_20190106_120645-01

フロントの右側に大きなジッパーがあり、こちらはポケットになっています。
やや小さめで、薄めなので、私は手ぬぐいを入れています。
IMG_20190106_120724-01

左側にもポケットがあり、こちらのほうが大型です。
かなり容量があるので、日常的に使うものは大概ここに入ってしまいます。
もちろん、右と左のポケットはつながっていませんよ。
IMG_20190106_120703-01

「マンティス26」の上部には、上のポケットとメインコンパートメントのジッパーがあります。
止水ジッパーなら最高だったのですが、残念ながら通常のジッパーです。
IMG_20190106_124353-01

上部のポケットには、中にペンを刺すためのポケットが4つ、少し大きめのポケットが1つ。
鍵などを引っ掛けておくためのフックも付いています。
文房具などはここに入れておくと良さそうですね。
IMG_20190106_124407-01

メインコンパートメントはこうなっています。
手持ちのMacBookAirが余裕で入るサイズのスリーブがありますし、背面には丈夫なパッドが入っているので保護力も強そうです。
ジッパーが底部まで続いているのでガバっと開けて荷物の出し入れにも便利です。
IMG_20190106_124430-01

背面には柔らかなクッションが入っており、背負い心地が良いです。
メッシュ素材でもあるので、ムレにくくもなっています。
IMG_20190106_124523-01

この容量クラスのバックパックには珍しいレベルの分厚さを持ったショルダーパッド。
少々重たい荷物を入れても、肩が痛くなったりしないのが嬉しいところです。
IMG_20190106_124536-01

その他、左右に500mlのペットボトルが収まるメッシュポケットがありますし、荷物の揺れを軽減するためのウェストベルトもあって、至れり尽くせりです。
唯一の欠点は、18,360 円(税込)という価格でしょうか・・・

とはいえ、十分なオシャレさと機能性。使っていて幸せになるバックパックですよこれは。


関連記事