A7900FAC-CBB0-4011-8FA5-CB25D5043B1B

暖かくなってきたので、そろそろダウンウェアの出番はなくなってきたのではないでしょうか。
というわけで、先日、家でダウンウェアを洗濯しました。
クリーニングに出せば色々と簡単なんですが、1着あたり何千円もしちゃいますし、複数となるともう新しいダウンが買えるかもしれません。

家で洗えば、格安や!それも家庭用洗剤で洗ったらええんやー!

どんな洗剤を使えばいいのか


ダウンウェアを洗濯するにあたっては、専用洗剤というものが存在しています。
うっかり適切でない洗剤を使ってしまうと、一発でダウンをダメにしてしまうのです。
著名なのはNIKWAK「ダウンウォッシュダイレクト」やモンベル「O.D.メンテナンス ダウンクリーナー」でしょうか。
これらはアウトドアショップにいけば購入可能。しかし、あんまり入ってないのに、1000円くらいしちゃいます。



では、ダウンウェアは専用洗剤じゃないと洗ってはいけないのかというと、必ずしもそうではありません。
家庭用洗剤でもダウンが持つ油脂成分を落とさない洗剤であれば、良いのです。
そこで使えるのが、メリノウール製品を洗うことができる「おしゃれ着用の中性洗剤」。
エマールやアクロンなどが該当します。柔軟剤は入っていないほうが良いでしょう。




家庭用洗剤なら普段の洗濯にも使えるわけですし、値段も安いので経済的ですね。
というわけで、私が使ったのはエマールです(詰め替えています)。
F52287AD-A648-4812-9DE5-DE1DAED5C8F2


家でダウンを洗ってみる


ぬるま湯を張ったバスタブに洗剤を投入しました。
ダウンウェアは4着、入っています。
A7900FAC-CBB0-4011-8FA5-CB25D5043B1B

踏んだり、揉んだりしながら優しく優しく汚れを押し出すように洗います。
すぐにお湯が黒ずんできます。そりゃまあ、1シーズン以上洗濯していなければこうなるわな。
7DCA0C07-BC76-479D-A241-E109A13B4CCB

洗剤が残っていたら意味がないので、十分にすすぎましょう。
そして優しく、水気を切ります。
10BF197F-A780-4FFC-BD09-5BA3C4627F67

バスタオルで挟むなどして水気を切るのも良いようです。
ダウンはたっぷり水を含んでしまいますので、きつく絞ったりできない分、タオルは有功です。
E74CC2A7-8FB2-461E-94F9-A07FC6D366B1

ある程度切ったら、ネットに入れて脱水を。
一瞬だけでもかなり水気が切れますので、ぜひやってください。1分くらい。
4F0CB5C8-B871-4969-BB0A-40D73DC2A0C9

あとは乾かすだけです。
乾燥機を使ってもいいみたいですが、私は自然乾燥としました。
78723D79-3EC9-449E-B0F3-397CECE5C1CF

これで見事にフカフカに仕上がりました。
キャンプをするようになって、ベースレイヤーの上にダウンを着ることも増えた結果、汚れっぷりもなかなかのものです。
汚れがたまると機能性も落ちるそうですし、家で洗えるのなら、しっかり洗うべきでしょう。

ダウンは家で洗える!それも家庭用洗剤で!