peter-hershey-177645-unsplash
Photo by Peter Hershey on Unsplash

梅雨が始まる前に、お手持ちのレインウェアのお手入れをしておきませんか?
レインウェアの撥水性は使うに連れて落ちていきますし、ゴアテックスなどの防水透湿素材の透湿性は汚れによって低下していきます。
いざというときに、レインウェアが性能を発揮しないのでは残念すぎる・・・ということで、レインウェアを洗濯してみましょう!
レインウェアを洗濯する際には、絶対に普通の洗剤は使わないでください。
アウトドアショップにいくと、防水性や撥水性のあるウェア用洗剤が販売されています。
私が使ったのは「Granger's(グランジャーズ)」 というブランドのもので、洗剤と撥水剤が一緒になっているタイプです。
ゴアテックスなどのすべての防水透湿素材に使用可能です。
IMG_20190511_215450-01

グランジャーズには、ウェア撥水洗剤の他にもアウトドアウェア用の洗剤やダウンウェア用の洗剤もラインナップされていますので、高機能ウェアのお手入れにぜひご利用ください。
IMG_20190511_215500-01

ウェア1着につき、キャップ2杯。2着につき、キャップ3杯の洗剤を入れてください。
IMG_20190511_215518-01

キャップはこちら。1本で洗濯撥水できるのは、10着ないくらいだと思います。
IMG_20190511_220228-01

洗う前のウェア(モンベルのストームクルーザージャケット)の撥水具合がこちら。
シャワーで水をかけたのですが、あまり水を弾いていないようですね。
IMG_20190511_215750-01

というわけで洗濯です!
適量を入れたら、普通に洗濯・すすぎ・脱水をしてください。
IMG_20190511_220130-01

そして、しっかりと乾燥を。
洗浄成分を揮発させるために熱を加えて乾燥させることが必要になるのです。
見ての通り、水が玉のように表面を滑っていくようになります。
見事に撥水性が復活しました!
IMG_20190512_091953_1-01

今日、大雨だったので着用したのですが、見事に雨風を防いでくれました。
いざというときに使えない!とならないように、レインウェアのお手入れをしておきましょう。


関連記事