このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5491

道玄坂の「きになるき」は、季節ごとに訪れたい名店です。いや、できれば毎月行きたいくらいですし、そのたびにサプライズが待っているからたまりません。
今回は春の味覚満載でしたよ!
ジャバラという柑橘類を使ったドリンク。甘酸っぱさと苦味が春っぽい華やかさ。
IMG_5480

もう定番となっているアボカドは、初めての来店者に「これがきになるきだ!」と見せつけるに充分なインパクト。
アボカドを和風出汁につけただけ、といえばそれまでですが、そのシンプルさゆえに研ぎ澄まされた仕事ぶりが際立つ美味しさ。
IMG_5481

まるで梨かと思うほど甘い大根は、あん肝と練った味噌で。
もうあん肝も終わりの時期で、今後は鶏か豚になるとのこと。
大根の甘味が、あん肝のどっしりとした風味を引き立てます。なるほど、主役はあん肝味噌だったか。
IMG_5482

鶏胸肉の昆布漬を軽く炙ったもの。
塩味と旨味のバランスが良く、ねっとりとした舌触り。
IMG_5483

そして、やっぱり熟成マグロですね。
熊本産で部分はカマ。赤身と脂のノリのバランスが良いのは相変わらず。
「きになるき」を象徴する美味ですよ。他のマグロ、食べられなくなるやつ。
IMG_5484

ご無沙汰してました、「うにく」。つまり、ウニと肉。
炙った和牛とウニとわさびが、口内で渾然一体となって至福の瞬間が訪れます。
誰もが飲み込みたくないと思うはず。
IMG_5485

ここで冬を惜しむ「おでん」の登場。
とてもシンプルな塩出汁で、具材の旨味が溶け出しています。
アゴのさつま揚げや牛スジ、大根そして、はんぺんのように見えるのは高野豆腐です。
高野豆腐が極旨の出汁を存分に吸い込んで至極。
IMG_5486

関西人には牛スジが入っているのも嬉しいところです。
IMG_5487

そして、ホタルイカと水菜のアヒージョ。
こんな大鍋のアヒージョは見たことがありませんが、見た目も美しいですね。
ホタルイカが、ほの赤く染まれば出来上がりです。
IMG_5488

柔らかいホタルイカの食感と、身の甘味、内臓の苦味・・・
大人の味わいだ、これは。そしてとにかく旨い。アーリオオーリオとの相性も抜群です。
IMG_5490

このあと、アヒージョ後の残ったオイルにパスタをぶち込んだペペロンチーノが登場しましたが、テンション上がりすぎて撮り忘れました・・・
ホタルイカの旨味がたっぷり溶けだしたオイルが絡んだペペロンチーノは贅沢な美味しさでしたよ!
なお、ホタルイカのアヒージョからペペロンチーノの流れは、予約時にお願いする必要があるので、お忘れなく!

皆さん、また行きましょう!



関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅


このエントリーをはてなブックマークに追加