このエントリーをはてなブックマークに追加
90B5FBC8-2EB7-4CBE-B0FA-C30199B74440

久しぶりに、会社の若手を連れて渋谷の「きになるき」へ。
このお店はとにかく美食の新発見があるお店であり、人を連れていきたくなるんですよね。同行者のリアクションが楽しくて。
というわけで、美食の秋、きになるきの秋をお愉しみください。
まずは、だだちゃ豆をダシで煮たもの。そのまま食べると、豆の甘みが!
BDC8BAAD-4E6D-4AD6-9085-2D41FE4B48FC

食用菊のサラダは、若者によると「インスタ映え」らしい!
自家製のポン酢で。
A6FC60FA-2ABA-4F0F-84DC-8B5E365FD678

喜界島産の海ぶどうは粒が大きく、海が詰まっている。
0C9EC326-7AC8-4283-84EC-8102AA733769

「ちょうちん」「玉ひも」とも呼ばれるキンカンは、ニワトリが鶏卵として産む前の卵黄。
これをダシや醤油に漬け込んだものと、胸肉の炙り。
単独で食べても旨いんだけど、一緒に食べると口の中でまるですき焼きのような濃厚な旨味に。
0BD0EEAA-BA3F-40FF-9B7E-954575968F15

「秋の味覚の王」松茸ご飯にイクラとイチボをステーキを乗せた「大人の親子丼」。というか、赤の他人丼か。
それぞれが主役級の存在感なんですが、合わないってことがないのが不思議。
イチボの脂身も爽やかだし、イクラは濃厚だし、松茸ご飯は風味豊か。
EAD316C4-87B4-4FBE-AC25-D1B264491CBD

混ぜるとより美味しくなる!
F733F70F-F202-46C1-ACFA-CE45DC45DEB9

あん肝の味噌漬け。
あん肝独特のクセもなく、まるでチーズのような風味になります。
酒飲みには最高でしょうね!
1A8BCCB4-05C2-4EF5-9142-D3FA8C99062D

鮭の白子は炙ると何故か、鮭の塩焼きの味がする不思議。
白子の旨味はあるのに、鮭の身の味がする贅沢さ。
B4E69677-DAA2-4B8E-B4B4-39B455F1AFAB

そして、熟成マグロです。
部位はカマになります。見事なサシがびっしり。
23C7F048-B65A-4940-92B1-71E0C837B8E6

やや赤身の部分、カマトロとも言うべきサシが入ったもの、そしてそれを炙ったもの。
順番に食べていくと、美味しさの衝撃が倍増していきますよ。
醤油も入りません、塩だってなくても良い。もうマグロが最高峰のソリストとして舌の上で舞い踊るのです。
一つの極みがここにあるような気がします。「きになるき」のマグロはとどまるところを知りませんね・・・
2CA9413A-72C3-49E3-829D-58CC9D92A203

タレを継ぎ足し続けているチャーシューは、歴代の旨味が受け継がれている。
端で持つとほろりと崩れるほどの柔らかさ。
0ED95EF4-28DA-420D-BF5D-6D693C6CB243

メインは、サンマのコンフィ。
ダシとオリーブオイルでじっくりと数日煮られているので、もう骨までホロホロです。
油っこくはないんですよ。しっかりサンマの風味が強い。
335FAAE0-4B16-4522-8FE3-16FA20CC9E90

そんなコンフィの油と牛乳などを使って、カルボナーラ。
サンマの身を崩して入れても美味しいんですよ!ただのカルボナーラよりサンマの旨味が出ている分、個性がありますね。美味しかったです!
B44C5C8B-0BDA-4305-9E57-85C04A6E76AD

というわけで、きになるきの秋は最高に美味しい秋でした!
ごちそうさまでしたー!



関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅



このエントリーをはてなブックマークに追加