875DFDF5-9355-48FC-94D7-45D6C1701C09

今年もまた渋谷道玄坂の「きになるき」に行ってまいりました。
年末には「仮面ライダードライブ」の出演者の方が忘年会を行ったとしてニュースサイトにも掲載されておりましたね。
というわけで、2018年美食の旅、スタートです。
本日の渾身の一杯は、こちら。
讃岐クラウディというにごり酒。
C0A4BB3C-43CD-4664-BE19-A3426C77D64C

「大人のカルピス」ともいうべき、甘味と酸味がしっかりした日本酒です。
アルコールはほとんど感じず、なめらかな味わいなのでゴクゴク飲めてしまう・・・
3738D694-C282-4A07-BA7A-823AA55AF407

一品はいきなりのあん肝。
あん肝は大好きだけど濃すぎて食べきれないことが多かったんですが、これは別。
柔らかくてコクはあるんだけど、あっさりしてるのは、蒸しているからなんだそう。
89F4FC3D-4705-4B2F-8339-72DD46A2F7F2

これは、蟹味噌をメインにしたソースを和風出汁で炊き上げたクスクスにかけたもの。
ややクセのある蟹味噌の風味をふんわりと出汁の香るクスクスが受け止めて、優しい味わい。
なんとなく卯の花やおからに似ているかも。
2FCD348A-BAE0-44E2-8D33-1435436B6B30

鶏胸肉の昆布締めは、最近の定番。
魚のそれと違って、ネットリとした旨味とシコシコした歯ごたえが両立しています。飲ん兵衛さんにはたまらないんじゃないでしょうか。
1243FB7F-4D30-4E1C-9629-3C4E98F1134C

生のりにポン酢をかけたもの。
今回の隠れMVPはこれでした。不思議と生牡蠣の味がするんです。
不思議がっているとマスターが教えてくれました。
「海苔が牡蠣の味なんじゃない。牡蠣が海苔の味なんだ」と。牡蠣が海苔を食べているからってことだそうです。
私は思いました。磯にかじりつきたいと。下の前歯でゾリゾリと岩場を削いでいきたい。
2CE916B1-983A-49E9-B920-83B3E07470DB

こちらは、カスベのフリッター。
濃い味の衣に、ホワホワの白身、コリコリした軟骨。
これは完全にビールの友。
165D91F1-938D-4ECD-8C9B-06E893192FD4

そして、大本命のマグロ。
今回はとんでもない大トロ。そして8日熟成。
マスターの表情からも分かる通り、熟成マグロを推す「きになるき」においても今後提供されるかわからないレベルの大トロなんだそう!
A1F65833-D801-4DA4-8CCE-91ADBE5D21F2

いやー、どうしよう。
今後のマグロ人生を決定づける刺身だったかもしれない。
生はもちろんのこと、炙りにいたってはもう筆舌に尽くしがたい風味の良さ。マグロの上手さに限界はないのか!
美味しすぎる。これからはそこらへんのマグロを食べらへんで。
9C12067F-5F96-4EA9-BC77-32FF92CAC828

塩角煮は、甘辛くない角煮。
箸で掴めないくらい柔らかく、豚肉の旨味がちゃんと残っている。過ぎた脂はちゃんと切られています。
941CECEB-2914-4CDB-A793-6CB1780320BB

そしてメインは「きになるき的痛風鍋」。
あん肝、あんこう、牡蠣、白子、サバフグ・・・
5428A6C0-C3BB-4675-AE9D-4408567B9104

あっさりした出汁で炊いていくわけですが、強烈な具材から凄まじい出汁が染み出すので、元の出汁なんてもう関係ありません!
9F1A31C7-7D48-4B2E-B197-B43BA81FB582

具材が美味しいことはいうまでもなく、やはり出汁がすごい。
これの入浴剤をください!お風呂の容量で飲みたい。
B3D08BC6-CF37-4C92-83A5-F457A0D98C40

〆はお雑炊。
美味しい出汁を楽しむならこれがベストですね。私以外の左党の皆様も大満足のご様子でしたね!
E7B4F6AA-C949-4A47-BDB9-87FF5FD1BA3A

今回もやはり大満足。
それも、とんでもない大トロを食べられたので、大大満足。
早くもまた行きたくなっていますよ!



関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅


関連記事