0D72CE1F-6ADE-41EE-933D-E744CDD5CF3E

五反田の隠れ家的名店「食堂とだか」が、またテレビで紹介されました!
これまでも既に予約が困難だったわけですが、これでより一層予約が難しくなった気がします。
ファンは根気よくタイミングを待ちましょう!

テレビ放送の数日前に、幸運にもお食事を頂いておりましたのでご紹介いたしましょう!
コースでお願いしたのですが、圧倒的な満足感、目にも胃袋にも驚きの料理の数々でした。
まずは定番とも言える、「うにおんざにたまご」。
トロトロの煮玉子にフワフワのウニ。箸で掴むことさえ難しいので手でいっちゃっても良しです。
濃厚な味わいをワサビがキュっと締めています。
「食堂とだか」の料理が始まるぞ!って感じですね。
3FD4D5FC-FEB4-4695-B50F-6AF6036BE7CB

店主・戸高さんが事前に「面白いものが入りました」と教えてくださっていたのが、これ。
「モウカザメの心臓」です。
切り身は見かけますが、心臓は初めて見ました。
サメの心臓は、臭みがあり好き嫌いが出るときいていたのですが、全く違いましたね。
ごま油と塩で食べると、もはやこれはレバ刺し。それも臭み一切なし、極上のレバ刺しです。
また部位によっては(画像右下)は、まるでハツです。
これは嬉しい出会いでした!
DF5B7BDF-7E8D-4E7E-A5B4-2964C67E5B74

肉厚なブリの刺し身は、甘味と脂がのって蕩ける味わい。
B5BE3AD6-27BD-4290-BE3F-7B4F7A6970AA

なのに、このトロの部分に至っては驚きを禁じ得ない脂のノリ。
同じブリなのにこんなに味が違うのかという感じですね。
どちらが美味しいということではなく、これは好みだと思います。
0754A235-66F5-4F4A-982D-2D373BD477B3

寒い日に嬉しい、あんかけは蟹の旨味たっぷり。
具材は揚げ豆腐を揚げたものと芋で、食べ応えも十分!
おなかがしっとりと落ち着きます。しみじみと旨いですし、このアイデアには感服いたします、
4397D5E5-DDFE-4376-87C8-701195F345C6

次に「鰻のキモ」。
甘辛いタレを絡めて焼いたキモに、たっぷりのチーズをふりかけるのが「とだか風」。
キモのクセとチーズの風味がマッチしてコクを深める大人の味わい。
76D2CA56-5967-41C4-849B-CD2AAD80DCB5

こちらも、「とだか風」と言っていいであろう、カキフライ。
衣がサンドウィッチ用のパンで出来ており、サクサクの歯ごたえと旨味を一切逃がさないという一挙両得ぶり。
パンと牡蠣の間に大葉を挟むという仕事ぶりもさすが。
C714457E-0A01-4E11-9AF6-1C33B74763A4

そして、「モツ煮」。
上にレアな牛肉がのっておりますが、その下がモツ煮になっています。
味が濃くて、早くもご飯が欲しい感じに。
8898D59F-41F7-4F05-9AD8-5EFF87386F38

そして、最後はやはりこれ「牛ご飯」と身体に良い味噌汁。
ECC2F24E-BF22-4507-9A29-C796A7D762E5

サシがバリバリに入った牛肉をさっとすき焼き風に仕立てて、ワサビと味玉。
それをご飯に乗せているんですが、まあこれがススムススム。
肉が旨いわ、玉子が旨いわ、これだけは絶対に食べないといけません!
ただこれまでの料理でお腹いっぱいだって場合は、お米を減らしてもらうことも可能ですよ!
DB3090CB-4593-487B-9A1C-81427C90588B

そしてデザートには、いちご大福をいただきました。
使っているのは「あまおう」で、食べる直前に包んでくださいます。
薄衣でアンコの甘味、苺の酸味を優しく包み込んでおり、これはいくらでも食べれるレベル・・・
CF303808-E1A5-4C67-940A-8BCBC7236559

なお、下戸の私は飲み放題ですが、ソフトドリンクをいただきました。
みかんジュースさえも生搾りでめちゃ旨いのでオススメです。
55CD8431-506B-43C1-8BEB-C26E6534B0E2

店主・戸高さんが振る舞う料理の数々はどれも恐ろしく美味しく、また驚きに満ちたものばかり。
次の料理はなんだろう、次回は何を食べさせてくれるんだろう、そんな期待感が半端ないのです。
なお、今回私はコースでお願いしたのですが、タイミングによってメニューは変わるものと思いますので、その点ご容赦下さいませ。

予約するには電話もいいんですが、トレタというweb予約サービスが便利です。
予約が困難なことには変わりないのですが!w
食堂とだか | トレタかんたんウェブ予約

次行けるのは何ヶ月後だろうか・・・