IMG_9977

もうかなり前になってしまいましたが、道玄坂にある美食のスターウォーズ「きになるき」のレポートです。
今回も美食の再確認、そして美味の新境地を見せていただいた一夜でした。
まずは、定番となりつつある「海ぶどう」。
喜界島産であり、南国の海をエメラルドの粒に閉じ込めたような美しさです。
咬むとミネラルたっぷりのエキスが弾けます。
IMG_9980

旨味たっぷりのダシに浸された、スナップえんどうと椎茸。
スナップえんどうには独特の青さがなく、椎茸は旨味の爆弾と化しています。
椎茸が苦手という方にこそ、食べていただきたい。
IMG_9981

生しらすを、伊豆七島に伝わる伝統的な手法「べっこう」で漬け込んだもの。
しらすの甘みと苦味にタレがアクセントになって、酒にもご飯にも合うあじわいに。
IMG_9983

こちらも定番と言えるサバフグ。
シンプルな味付けながら、青身魚の力強さと白身魚の淡白さを併せ持つサバフグの美味しさは、驚くべきものです。
IMG_9995

今回の熟成マグロは、かなりの長期間。
そして、中トロなど2つの部位から。
IMG_9988

赤身の「血臭さ」がなく、醤油どころか塩もいらないというマグロはもはや、驚き。
それでいて、これが「きになるき」では当たり前なんですから、もう言葉もありません。
とろける脂身、旨味鮮烈な赤身。ここのマグロを食べてしまったら・・・
IMG_9996

メインはホタルイカのアヒージョ。
アヒージョといってもオイルだけではなくて、和風ダシを加えているのが特徴です。
そのため、お鍋風でもあります。
生のホタルイカだけでなく水菜、玉ねぎなどの野菜は入っています。
IMG_9999

味付けはダシの味、塩コショウとシンプル。
しかし、ホタルイカの旨味がたっぷりと流れ出ているので、この料理自体がれっきとしたホタルイカ料理に。
IMG_0004

イカ好きにはたまりませんよ!
IMG_0007

締めはカルボナーラ風のパスタ。
これがまあ、めちゃめちゃうまい。
魚介味のカルボナーラなんて食べたことがないんですが、ホタルイカの味わいがパスタに絡みついてため息のでる美味しさです。
IMG_0008

個性的な料理が主役級の輝きを放つ「きになるき」の壮大なストーリーは、これからも連綿と続いていくことでしょう。



関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅


関連記事