IMG_20181118_204558-01

久しぶりに道玄坂にある「きになるき」へお邪魔してきました。
今回は最近仲良くなった友人たちと初めてご飯会という記念すべきタイミングでして、「きになるき」ならば間違いないということでセッティング。
結果、大満足の時間となりました。
まずは、とびっこと生海苔から。
新鮮な生海苔は磯の香りたっぷりで、そこにとびっこのプチプチした食感と味わい深さがプラスされると一気に酒が進んでしまいます。
IMG_20181118_205256-01

次は、あん肝。
蒸したものではなく、ダシで炊きあげたもので、冷やす際にグッと旨味が浸透するんだとか。
臭みはもちろん、嫌な脂濃さがなく、こってりとした旨味だけが凝縮されていました。
あん肝が苦手だという人も、イケるのではないでしょうか。
IMG_20181118_205711-01

ワカサギの南蛮漬けは、骨まで柔らかく食べられます。
酸味と甘味、ワカサギならではの苦味もあってスッキリとした味わい。
IMG_20181118_211054-01

ササミのフリットは、まるで「のり塩」。
何がって衣に青のりが混ぜ込まれていて、サクっと食感と相まってまるでポテチののり塩です。
もちろん、それだけじゃなくて、中にあるフワっとした食感とそれに閉じ込められたササミの美味しさも特筆すべきものでした。
IMG_20181118_212022-02

ホカホカの炊きたて新米に乗っかったのは、プリップリのイクラ。
こちらもダシに漬け込まれて、パンパンになっています。
そのまま粒の食感を楽しみ、旨味弾ける感覚を堪能するも良しなんですが、イクラを潰しながら美味しい新米と混ぜ込みながら食べると「海の卵かけご飯」の完成。
めちゃくちゃ美味い。
IMG_20181118_212528_1-02

そして、「すしざんまいの社長の次にマグロが似合う男」と言われるマスターの真骨頂。
熟成マグロの登場です!
推しアイドルが登場したのに次ぐような完成が上がったのは言うまでもありません。
IMG_20181118_213408-01

醤油もつけずにマグロを食べることが初体験だった人も多く最初戸惑いがあったようですが、それだけに美味の衝撃への助走は大きかったようです。
マルドンの海塩が持つ旨味と合わさり、また炙られて活性化した脂、そして締めにはトリュ塩とのコラボ。
「他でマグロを食べられない!」という人をまた増やしてしまいました。
IMG_20181118_215310-01

これがメインディッシュ、きになるき流ハンバーグ。
つなぎはナシ、中にケチャップやソースがすでに練り込まれているため、それが焼き上がった際にはデミグラスソースを内包したような状態になるんだとか。
肉肉しい歯ごたえ、溢れ出るジューシーな味わいはオリジナリティとともに満足感も満点!
付け合せがあん肝で一緒に食べると濃厚さがアップ!
IMG_20181118_221515-02

締めは、イクラとウニのご飯にトロをプラスしたご飯でした。
このトロ・イクラ・ウニという組み合わせは今回の参加者には特別な意味があります。
我々はこれを「ギャンパレご飯」と命名しました。
これも全部混ぜ込んで食べると絶品です。
IMG_20181118_222735-01


最後のご飯は、マスターの粋なはからいだったのかもしれません。
飲ん兵衛たちは「きになるき」の料理はもちろん、多彩な芋焼酎のラインナップに感嘆の声を上げていたのが嬉しかったです。
下戸の僕でも左党の友達も楽しめるのが、このお店の素晴らしいところだと思います。
ごちそうさまでした!

「きになるき」の店舗情報


所在地: 東京都渋谷区円山町5−3 萩原ビル B1F
電話: 03-6455-3219


関連記事