673BE0C3-DCA9-47FC-A1C6-78E082B6C0FD

神保町に新しくてきたラーメン屋「麺屋とりくらぶ」に行ってきました。
「とりくらぶ」とは、鶏と蟹(クラブ)のようでして、スープに鶏と蟹が使われているようです。
あまり聞かない組み合わせですが、興味深いものです。
外にはイラスト付きのメニューが。
鶏豚骨と、蟹という2大看板のようです。
08D5C129-C7C7-4849-A021-A5351CCFE218

渡り蟹の内子と上海蟹の蟹味噌という罪深いメニューを注文しないわけにはいきませんね。
9053E73D-8437-4A45-9232-E1EA1AEF6FC3

香ばしい香りと濃厚な甘味が香る一杯が着丼。
白ネギとのコントラストが美しいですね。
E8D297F7-56F8-4066-B89D-88E976C409B5

ネギ、チャーシュー、蟹の身もトッピングされています。
F60EFF5B-BCD9-47D7-A79D-54914AD94BC9

メンマの太さ!
03F37197-3099-4272-801D-3EE642DD1682

スープはやや黄色みがかった白湯で甘味が強く濃厚。
ややさらっとした鶏白湯ですが、独特の香ばしさがあります。
かつて甲殻類+豚骨という組み合わせのラーメンにハマった時期がありましたが、それに似た雰囲気があります。
しかし、それとは違ってクセが少ない。主張がまろやかです。このスープは旨い。
6BED2E88-7394-4FB1-BBCB-3D6FF252AC7A

麺は中太麺でした。少し特徴に欠ける印象ではありました。
細麺でも良かったのではないか、という気持ちはありますがこれは好みかもしれません。
26000400-8C3B-41C5-80B8-CB7EF2377939

鶏白湯と蟹の組み合わせは、個人的には新しいブームとなりそうです。
他では見かけないものですので、ぜひとも「麺屋とりくらぶ」でお試しください!



関連ランキング:ラーメン | 神保町駅九段下駅竹橋駅


関連記事