IMG_20180609_205439-01

日比谷公園からほど近いところにある、「銀座 風見」へ。
細い路地上にあり、まるで料亭や寿司屋のような店構えを持ったラーメン屋さんですが、けっして敷居が高いというわけではないので臆することなく扉を開けてください。
酒粕濃厚そば・塩そば・醤油そば 黒・濃厚つけそば、というラインナップ。
初訪問ということで、「左上の法則」にしたがい「酒粕濃厚そば」を注文しました。
栃尾の油揚げや豚のコンフィなど、珍しいトッピングにも興味をそそられます。
IMG_20180609_205504-01

卓上にある調味料にもこだわりを感じます。
千鳥酢、原了郭の一味や山椒、そして黒胡椒、生姜、青唐辛子味噌。
IMG_20180609_205744-01

こちらが酒粕濃厚そば(980円)です。
見た目には味噌ラーメンか鶏白湯系かなという感じですね。
三つ葉、油揚げなどラーメンには珍しいトッピングが目に付きました。
IMG_20180609_210249-01

この一杯に、じつはめちゃくちゃ個性が結集しているんです。
なかなか変わりのないラーメンですよ!
IMG_20180609_210254-01

フワフワの油揚げをこんがりと炙ってあり、これが香ばしくて美味い!
スープに浸すとなんとも豊穣な風味になって、格別です。
IMG_20180609_210302-01

チャーシューは2種類。
どうもコンフィとローストのようで、味わいの違いますが、どちらもパサつくことなくジューシーです。
味が濃厚で、スープに負けいない旨味がありますね。
IMG_20180609_210306-01

味付け卵は程よい塩気で、半熟具合はエロいほど。
IMG_20180609_210313-01

スープの特徴は一口目から香る酒粕。
そこに濃厚な動物系や魚、貝類の旨味がガツンと合わせてあり、なんとも強力なスープになっています。
鶏や牡蠣など豊富な素材が使われているようです。
最初は酒粕が強めに感じるかもしれませんが、すぐに複雑かつ多層的な旨味のスープにヤラれるはず。
IMG_20180609_210323-01

麺は滑らかでやや細め。
ドロっとしたスープをしっかりと捕まえて上がってくるので、渾然一体となった美味しさを楽しむことができます。
IMG_20180609_210355-01

強いこだわりを感じる、唯一無二の素晴らしいラーメンでした。
日常のラーメンというかは、非日常なご馳走的ラーメンという印象。美味しかったです!



関連ランキング:ラーメン | 銀座駅日比谷駅有楽町駅


関連記事