IMG_20181005_131615_1-02

「はやし田(鈴蘭というべきか)系列は信用できる」というのが新宿ラーメン界隈では定説となりつつあるのではないでしょうか。
西武新宿駅近くにある「らぁ麺 鳳仙花」は、はやし田系列のお店で同じような綺麗な佇まいのお店です。
スープに金目鯛を使うというオリジナリティが主に取り上げされますが、その言葉のインパクトばかりに囚われると正確な評価ができないお店だな、という感想であります。
表にはメインのメニューが掲示されています。
とはいえ、「金目鯛らぁ麺」という字面はインパクトがありますね。
金目鯛が上に乗ってそうな感じがします。
IMG_20181005_131623-02

らぁ麺800円、味玉らぁ麺900円、特製らぁ麺1000円となっています。
つけ麺もありますし、この系列では定番と言える茶漬けメニュー「金目鯛茶漬け」200円です。
IMG_20181005_131641-01

説明書きを見ながら、待ちましょう。
スープは金目鯛のアラをメインに炊き上げたもの。麺はもちろんチャーシューなどの具材にもこだわっています。
IMG_20181005_131759-01

特製らぁ麺、着丼です。
なんとも見た目の美しい一杯です。
ネギ、穂先メンマ、玉ねぎ、チャーシュー、煮玉子というトッピング。
少し濁りのある黄金色のスープとなっています。
IMG_20181005_132134-02

そして、実は焼いた金目鯛の身が載せられているんです。
ラーメンの具材としてピッタリ!驚き!というほどではありませんが、味の濃厚さは流石であり、この魚のスープなのかという想像力を掻き立てるには十分です。
IMG_20181005_132142-01

低温調理された豚肩ロースのチャーシューは薄切り。
ふわふわした食感でとてもジューシー。しっとりしており、1品として成立するレベル。
IMG_20181005_132144-01

煮玉子はあっさり系で半熟です。
IMG_20181005_132148-01

スープはあっさりとした喉越しながら、金目鯛による芯の太さはしっかりとしています。
煮干しよりも上品で、鰹節よりも力強い。
はじめて金目鯛スープを頂いたように思いますが、なんと旨いスープでしょうか。
独特のコクもありますし、癖になりますね。
IMG_20181005_132154_1-01

麺は、厳選した小麦をブレンドした全粒粉麺。
細めですがモチっとした食感があり、風味も高い。スープに全く負けていません。
IMG_20181005_132223-01

もちろん、替え玉(100円)も。
角切りチャーシューもついてきてお得です。
IMG_20181005_132918-01

場所柄なのか雨天だったからか、意外にも空いていたんですが、それがなんとももったいない!
新宿エリアでは屈指の良店だと思います!

「らぁ麺 鳳仙花」の店舗情報


所在地: 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目24−6


関連記事