7

しゃぶしゃぶやトンカツの名店として知られる「豚組」と数々の人気ラーメン店を手掛ける「MENSHO」がコラボしたラーメンが渋谷で食べられるときいて、アイドルのリリイベの間隙を縫うかたちで、渋谷西部A館8階に馳せ参じました!
11/12〜11/23という期間限定で食べられるのは、ラーメン大王小林孝充さんによって生まれた「進化系!クリア豚骨ラーメン&豚しゃぶ」。

偏愛食堂 | 第3弾進化系!クリア豚骨ラーメン&豚しゃぶ
ラーメン大王小林孝充の呼びかけで 稀代のラーメンクリエイター「MENSHO」庄野氏と、 飲食業界の革命児「豚組」という奇跡のコラボが実現! ラーメン&豚しゃぶ、これまで交わりそうで交わらなかった 出会いがもたらすかつてない体験型ラーメン!!!


ランチとディナーではまた違ったメニューになるのですが、私はランチで。
「2種の銘柄豚のしゃぶしゃぶ塩らぁめん」をいただきました。税込み2,200円という値段はラーメンとしては衝撃的な価格ではありますが、「銘柄豚のしゃぶしゃぶを食べる」と考えればけっして高すぎるということはないはず(食べてから、そう思う。)
なお、通常で8枚の銘柄豚肉が付属しているのですが、無料で各種1枚ずつ(各銘柄豚×肩ロース&バラ=4枚)増量することができますので、忘れずに増量してくださいね!
4

お箸には豚組のロゴが入っていて、ファンとしては嬉しい限り。
6

見た目にゴージャスな「2種の銘柄豚のしゃぶしゃぶ塩らぁめん」着丼。
ラーメンと肉が分けられていて、コラボっぽいー!この絵付け皿が豚組っぽいー!
2

群馬県の氷室豚と宮崎県の霧島黒豚、それぞれの肩ロースとバラを低温調理した薄切りのチャーシューが登場。十分なボリューム感です。
なお、氷室豚とは徹底的な温度管理のもと熟成された味わいの深さが特徴。霧島黒豚は脂身の旨さに定評がある銘柄豚です。
これを熱々のスープでしゃぶしゃぶしながら食べる、というスタイルだそうですが、そのまま食べてもよし、付け合わせの野菜を巻いて食べても良しなんだそう。
3

そして、こちらがラーメン。いわゆる「素ラーメン」で、ここで豚肉をしゃぶしゃぶしたり野菜を入れたりして、「しゃぶしゃぶ鍋」をつくっていく感じですね。
湯気が立っていないのでわかりにくいのですが、しゃぶしゃぶするためにかなりスープは熱くなっています。その熱を表面に張った脂で抑え込んでいる仕組みなのでご注意を。
5

ネクストブームの兆しがある「豚清湯」に、MENSHOのカエシ、そして豚組で使われる塩だれも使っているというスープは、スッキリしているのに巨大なハンマーでぶん殴られているようなインパクト!
正直、豚組の選んだ豚肉目当てだったんですけど、ラーメンがめちゃくちゃ旨いじゃないか・・・なんだこのスープの美味しさは。
8

スープは、モチモチした手打ちっぽい太麺が良く絡みます。
食感も食べ応えたっぷりですが、なんと麺が170gも入っているので量的にも十分です。
9

肝心の豚肉ですが、しゃぶしゃぶすると肉の旨味が凝縮されると同時に脂身が蕩けるので、頭蓋骨全体に素晴らしい香りが広がります。
絶妙な火入れをされた豚肉は、豚清湯の旨味もプラスされレアのしゃぶしゃぶかのようなジューシーさに。
1

これをラーメン屋のチャーシューと比較するのはそもそもジャンル違いなのかもしれませんが、豚肉のプロとラーメンのプロが手を組めば、こんなにも異次元のラーメンが完成するのかとという驚きがありました。
コストの面を考えるとここまで豚肉にこだわることも難しいとは思うのですが、このコラボラーメンに出会ったことで、ラーメンの果てしない将来性を垣間見たような気がしました。




関連記事