IMG_20181114_202101-01

東中野に美味しいラーメンありとの情報を受け、行ってまいりました。
新進気鋭の「かしわぎ」は、多くの識者・ラーメンファンに強く支持されている人気店です。
元々は名店「麺処今川」の共同経営者だった店主が作るラーメンは、間違いなく美味いと大評判!
楽しみで仕方ありません。
清々しい接客に迎えられ、入店。まずは券売機へ。
基本的には塩ラーメンと醤油ラーメンという2種類のみで、それぞれ680円という抑えめの価格で提供されています。
「お昼のご飯」というのが、日替わりであるようです。
IMG_20181114_202324-02

18時から数量限定でつくばの松屋製麺所の手打ち式麺に変更することが可能。
20時過ぎですと、すでに売り切れておりました。
IMG_20181114_202345-01

醤油ラーメンが着丼。
なんと美しい一杯でしょうか。黒くそれでいて透き通ったスープに、細麺がたゆたっています。
穂先メンマと低温調理のチャーシュー、そして青ネギが鮮やかなアクセントを加えているのです。
これを見れば誰もが理解することでしょう、これが間違いなく美味しいラーメンであると。
IMG_20181114_202851-01

チャーシューのジューシーさは、肉汁と脂に頬が落ちそうになります。
繊維が残りがちな穂先メンマですが、これも驚くほど柔らかく全くストレスがありません。
トッピングにおいても一切の妥協無しです。
IMG_20181114_202853-01

スープは豚をベースに煮干しを加えたもので、そこにまろやかかつ力強い醤油ダレ。
物足りなさはなく、それでいて何かが突出することもないというバランスでした。
普段スープは飲み干さないのですが、「かしわぎ」のスープは別。完飲したくなってしまうほど美味しいです。
IMG_20181114_202904-01

麺は、数々の名店が採用する麺屋棣鄂のストレート細麺。
歯ざわり喉越しがよく、風味も良い。私が好きなラーメン屋さんは麺屋棣鄂の麺を使っているところが多い気がします。
IMG_20181114_202930-01

東中野というエリアを遥か飛び越え、東京においても屈指の美味しいラーメンと言って差し支えないのでは思います。
ぜひ、お試しください!

「かしわぎ」の店舗情報


所在地: 〒164-0003 東京都中野区東中野1丁目36−7



関連記事