IMG_20191124_185853

千歳烏山駅から徒歩数分のところにひっそり佇むのが担々麺で知られる「香氣 四川麺条」。
本格的な担々麺が楽しめるほか、旨辛な一品料理も充実しているので「ラーメン屋飲み」が楽しめる店でもあるのです。
・・・とはいえ下戸な私は私はおとなしく担々麺を楽しみますがね。

券売機はこちら。
担々麺、黒胡麻担々麺、紅担々麺、烈火担々麺など担々麺のラインナップの豊富さが目を引きます。そのほか、つけ麺、麻婆飯や麻婆豆腐、麻辣蒸し鶏、水餃子などもありますね。
IMG_20191124_185917_1

麺は選択できてオススメは中細縮れ麺。
良質の胡麻、香辛料、ナッツ、干しエビを使った自家製芝麻醤が味の決め手になっています。
卓上にある花椒、香味酢は味変に最高でした。
IMG_20191124_190152

さて、私が頼んだのは当時の限定麺である「麻辣麺」。
担々麺のようなまろやかではなく、辛さと痺れを全面に押し出した一杯となっています。その味わいはルックスから想像できる通り。滝汗必至です。
トッピングはパクチー、キクラゲ、紫玉ねぎ、肉みそ。
IMG_20191124_190636

肉みそにもしっかりと山椒が効いており、溶かし込むごとに風味が増します。
IMG_20191124_190653

麻辣地獄の中で唯一とも言える「癒し」がこのキクラゲ。食感とみずみずしさがありがたかったです。
IMG_20191124_190701

スープは勿論辛く、そしてオイリーです。
しかし、鶏と豚の清湯スープの旨味も感じられ、ただ辛いだけではないというところがポイント。辛味の先にスープの味わいがやってきます。
IMG_20191124_190708

縮れ麺はしっかりとスープをリフトアップし、口内に麻辣をこれでもかと放り込んできます。
麺をすすっては汗を拭き、そしてまた麺をすするの繰り返しです。
IMG_20191124_190739

麻辣麺は期間限定でしたので次回は王道の担々麺にチャレンジしたいところです。



関連ランキング:担々麺 | 千歳烏山駅芦花公園駅


関連記事