PXL_20201127_121903057

名古屋名物として某ケンミン番組で目撃して以来、ずっと食べたかったのが名古屋・萬珍軒の玉子とじラーメンでした。
そして、念願叶って萬珍軒に行けたのですが・・・この店、玉子とじラーメンだけじゃなかった。普通に中華料理が旨い店でした!
そもそも、ケンミンショーの情報しか持ってなかったので、萬珍軒はラーメン屋だと思ってたんです。ところがどっこい、メニューを見ると多彩な中華料理メニューがラインナップされているではありませんか!
PXL_20201127_122744102

もちろん、上段は名物として玉子とじラーメンが掲載されています。
担々麺仕様にできたり、替え玉があったりと多彩な対応が可能になっていて、メニューとしての成熟具合を感じました。
PXL_20201127_122750525

友人のオススメは、青菜炒め、そして麻婆豆腐。エビマヨも絶品でしたね。
どれも意外にもあっさりした味わいで、締めのラーメンへの期待感が高まります。
PXL_20201127_123752545

天津飯は酸味を控えめながら旨味が深いという逸品。
天津飯屋さんとしても成立しますよ!
PXL_20201127_123910314

そして、待ってました。
これが元祖玉子とじラーメンです。690円(税別)。
ありそうでなかったというか、溶き卵が流し込まれたラーメンって見たことがありませんでした。
なんとなく、まろやかになるだろうという予測は立ちます。
しっとりしたチャーシュー2枚、青ネギ、海苔というトッピング。
PXL_20201127_131958464

厳選した豚骨と名古屋コーチンの鶏ガラを長時間煮込んだスープは、ガツンとしたパンチがありコク深く、玉子のまろやかさを合わさることを想定されているような味わいです。
レンゲが止まりません・・・
PXL_20201127_132039268

麺は特注の極細麺。これがとにかく玉子とスープと渾然一体、すすると口の中が旨味の奔流に支配されます。
食感は柔らかめでのど越しを楽しむようなスタイルですね。味はラーメンだけど、ニュウメンを食べているような感じ。
PXL_20201127_132030307

中華料理を食べ、そして締めに玉子とじラーメンを食べるというスタイルは名古屋民には定着している様子。
それも納得の美味しさでした!



関連記事