IMG_20181209_183251-01

下北沢にある「純手打ち 麺と未来」に再度訪問。
以前訪れた時には、そのあまりの麺の太さに面食らってしまい驚きとともに、正直味がよくわからなくていたのですが、これでは良くないということで改めて食べに行った次第です。
ワンタンも人気なので、オススメは特製塩らーめんです。
ひと目で色々と違和感を感じるところがあると思いますが、1つは塩ラーメンにしてはあまりにも黄色く濁ったスープ、2つめはその中で泳ぐ超極太の麺ではないでしょうか。
IMG_20181209_184321-01

しかし、その前にトッピングから。
薄くスライスされた豚バラチャーシューは、塩豚のような味わい。塩味と旨味のバランスがとられており、ジューシーさよりも味わい深さに重みが置かれている印象です。
IMG_20181209_184346-01

ワンタンは具材はもちろんのこと、異常なまでに大きな皮に注目。
なめらかな口触りと舌触りは、もはや快感と表現すべきでしょう。
麺との食感の違いをお楽しみください。
IMG_20181209_184337-01

煮玉子も絶品。
やや半熟、といった火加減の煮玉子もまたスープに合うように塩系の味付けになっています。
またこれが上手い。これはクセにになります。
IMG_20181209_185032-01

スープは塩味。その塩ダレには、鮎の魚醤や高級料理酒「蔵の素」を使用しており、とにかく旨味の要素が多いという印象です。
魚介の風味をしっかり感じながらも、あっさりとは仕上げず、超濃厚な塩スープという驚きの味わい。
近年食べた塩ラーメンの中でも屈指であるとお伝えしましょう。
IMG_20181209_185225-01

そしてこれが、「麺と未来」の麺。
多加水の手打ち超極太麺は、博多うどんに着想を得たのだとか。
もはや「フワフワ」とさえ表現できるその麺は、その食感が面白い。
ひょっとするとこれが麺の未来なのかもしれない、そんな気持ちになりました。
IMG_20181209_184406-01

はっきり言って、この麺は賛否両論だと思います。苦手な人は苦手でしょう。
しかし、ラーメンという料理の奥深さ、幅広さをまざまざと見せつけてくれる一杯であることは間違いないでしょう!
ぜひお試しください!

「純手打ち 麺と未来」の店舗情報


所在地: 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3丁目25−1




関連記事