IMG_20200210_130535

下北沢に彗星のごとく現れ、瞬く間に超人気店へと駆け上がった「純手打ち 麺と未来」。
すでに塩ラーメンの分野では確固たる評価を得ているお店ですが、その「麺と未来」が月曜日だけ限定50杯で「醤油らーめん」を提供していることをご存じでしょうか。
訪問したのは13時くらいだったでしょうか。結果的にはギリギリまだ杯数が残っていたという形でした。
やはり狙って早い時間に行くのが安心かと思います。
IMG_20200210_130608

メニューはもちろん、「醤油らーめん」のみで、トッピングが変わるだけ。トッピング全部のせの「特製」とチャーシューメンにあたる「肉」があります。
私は「肉醤油らーめん」(1000円)をいただきました。
IMG_20200210_131834

「麺と未来」といえば超極太麺ですから、茹で時間もそれなりにかかります。
しばらく待ってから、着丼です。
京都風ではないにしろ、かなり黒めと言える醤油スープにたっぷりとオイルがのっています。
トッピングは一面のチャーシュー、白ネギ、メンマとなっています。
IMG_20200210_133053

シャキシャキと清涼感のある白ネギ。
IMG_20200210_133058

チャーシューは箸で持てば崩れるレベルの柔らかさ。
脂は程よく落とされています。
IMG_20200210_133108

そして、スープです。
しっかりとした魚介の風味は塩らーめんの時と変わらずですが、醤油の味わいも強烈です。
丸中醤油という滋賀県の製造元で作られる醤油を加熱したものと常温のものとをブレンドした醤油ダレを使用しているんだそう。
鮮烈な香ばしさは、この加熱によるものでしょう。しかし、全量を加熱すると風味が飛んでしまうでしょうから、常温のものでバランスをとっているのでしょうか。
とにかく、荒々しく力強く野太い醤油の風味が印象的でした。最近は、鶏ベースの醤油清湯がブームですが、それとは似て非なるパワフルな醤油スープです。
IMG_20200210_133102

麺は不思議な食感の超極太麺。ここ以外でこんな麺は見たことがありません。コシとは無縁のうどんのような・・・もとい、すいとんのような食感がクセになります。
IMG_20200210_133135

「麺と未来」、店名通りラーメンの未来を切り拓いていくお店だと確信しています。
塩らーめんについてはコチラの記事をご覧ください。
「純手打ち 麺と未来」賛否両論!超極太手打ち麺と濃厚塩スープが見せるラーメンの奥深さ【下北沢】:[雪]



関連ランキング:ラーメン | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅


関連記事