IMG_20190504_132620-01

京都屈指の人気ラーメン屋である「猪一」が2019年5月1日に移転再オープン。
帰京のタイミングが合ったので、行ってきました。
ビブグルマンにも選出された名店であり、全国的な潮流である清湯系を主としています。
オープン当初からその丁寧な仕事ぶりで圧倒的な人気でしたが、移転後もその人気は加速していきそうです。
ゴールデンウィーク中盤、夏のような陽気の中で10人以上の行列。
13:30にはなんと昼分のスープが売り切れるという人気ぶりでした。

メニューはこちら。
・支那そば 黒・白(900円)
・鶏そば 黒・白(950円)
・炙り甘海老の冷やし出汁そば(1200円)
・冷やし貝出汁そば(1500円)

限定そばはかなり早い段階で売り切れるようなので、遅くとも12時台にも訪れないといけないでしょうね。
IMG_20190504_130157-01


店内は白木のカウンターと、2つのテーブル。オープンキッチンスタイル。
店内でもしばらく待った後に席へ通されました。
並んでいる間に注文は通っているので、着席後すぐに着丼しました。

濃い口の黒醤油を使った支那そばの黒。
まずは完成された見た目の美しさに、見惚れてしまいます。
添えられてるのは柚子の皮で、途中から味変に用います。
IMG_20190504_134651-01

トッピングは、チャーシュー・白髪ねぎ・海苔・味付け玉子・メンマ。
奇をてらったものは一切ない、スタンダードな構成です。
IMG_20190504_134654-01

京都のもち豚を使ったチャーシューはトロトロと柔らかく、それでいて脂は控えめ。ラーメン全体のバランスを壊しません。
IMG_20190504_134703-01

スープは琥珀色に澄んでおり、幸福感さえ覚える芳しさ。
鶏や魚介系の旨味が凝縮されており、誤解を恐れず言うならば「関東風のそばつゆ」のようでもあります。
完成され角の取れた味わいは、極めてまろやか。がっつりした味わいを求めているならば対極の存在ですが、黒醤油のコクもあって満足感はあります。
IMG_20190504_134718-01

移転に伴い2階には製麺所を構えたとのこと。細めのストレート麺はしゃっきりとした喉越しで、風味豊か。
ツルツルと喉に滑り込んでいきます。
IMG_20190504_134808-01

柚子の果皮を加えると一気に爽やかな味わいに。
卓上のとろろ昆布も、甘みと旨味がアップします。どちらも、スープへの影響力が強いので少しずつ加えるのが良さそう。
IMG_20190504_134944-01


猪一は移転したてなので、所在地には注意が必要です。正しい住所はこちら。
▼〒600-8033 京都府京都市下京区恵美須之町528 猪一 寺町仏光寺下ル

関連記事