PXL_20201226_031116342

新宿西口、かつての「俺の麺春道」という人気つけ麺屋があった場所に、「中華そば 流川」があります。
新宿エリアでは淡麗系のラーメンが隆盛を極めているのですが、一見すると流川のラーメンもその系統に見えました
しかし、食べてみるとちょっと違う。筋肉質な一杯だ。
牛清湯と貝出汁という説明書きの横に「俺の麺春道の濃厚つけ麺を提供しています」との魅力的な張り紙が。
今はもう食べられないと思っていたので、通っていた人間には嬉しい限り。
今回は目的が中華そばだったので、次回へ持ち越し。
PXL_20201226_031119958

「左上の法則」に従って、「特製醤油そば」1000円を注文。
PXL_20201226_031126921

スープは牛骨と鶏、そして数種類の貝出汁ということで、数々のうまみ成分を組み合わせているようです。
これを読んでからの答え合わせが、最近ラーメン屋さんで楽しみになっている人も多いのではないでしょうか。
PXL_20201226_031251337

すぐに着丼。
やや黒っぽいスープには厚めに脂が浮いています。豚肩ロースのチャーシューが4枚、鶏むねのチャーシュー、煮卵、メンマ、貝割れ大根というトッピング。
揺蕩う細麺も相性の良さを感じずにはいられません。
PXL_20201226_031819667

豚肩ロースを低温調理したチャーシューはあっさりめで豚の旨味が強め、脂っぽくないのが全体のバランスとして良さそうです。
鶏チャーシューはしっとり、ジューシー。
PXL_20201226_031824482

スープは最初、食べなれた鶏清湯の淡麗系かと思いきや、そこから動物系のパンチがきて、最後の貝出汁の独特なコクでフィニッシュするという面白さ。
油もしっかりきいているし、濃口醤油のキレも感じます。
PXL_20201226_031832722

麺はこの系統では定番といえるザックリした細麺。とはいえ食感はそこまで固めではないという感じ。
PXL_20201226_031856831

貝出汁という一癖のおかげで、力強い一杯に感じられました。塩味には「浅利トリュフペースト」なる添え物もあるそうなので、次回はそちらも行ってみたいところです。






関連ランキング:ラーメン | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅


関連記事