IMG_20181227_123758-01

TRY新人大賞に選出された吉祥寺の「Tombo」に行ってきました。
かつて方南町にあったレジェンド「地雷源」にルーツを持つ店主による美味の追求に、多くの人が虜になっているとのこと。
確かに、このラーメンの丁寧さ、完成度の高さは只者ではありませんでした。
平日の12時半くらいに到着。
すでに10人弱の行列が出来ていました。
吉祥駅からもけっして近いわけではなく、交通の便が良いわけでもないですが、ラーメンが旨ければ人は集められるのだという証左ですね。
IMG_20181227_123044-01

白い壁とウッディな内装の店内は、カウンター10席のみ。
券売機はこのような構成で、左上は「味玉醤油の旨味ソバ」、そして「味玉汐の旨味ソバ」となっています。
ラーメン、つけ麺、汁なし、限定と幅広いメニューになっているのも嬉しいですね。
IMG_20181227_124440-01

「味玉醤油の旨味ソバ」(930円)、着丼です。
整っていながら力強く、懐かしさがありながらも新しさを持つルックスの一杯。
IMG_20181227_130004-01

豚バラチャーシュー、味付け煮玉子、海苔、メンマ、白髪ネギ、青ネギというトッピング。
表面には薄っすらと油が浮いています。
IMG_20181227_130009-01

ダシは豚ゲンコツ、背ガラ、鶏ガラをベースに、シイタケ、煮干し、サバ節、宗田節、鰹節、昆布をわせたもの。
醤油ダレ、ダシ、油を完璧なバランスで配合、それぞれが完全にまとまりながらも、素材の輪郭も感じられる不思議さもあります。
スープは注文後に小鍋で加熱するという、心遣いもあり。
これは風味を極力飛ばさないようにするためだそう。
IMG_20181227_130015-01

スープに揺蕩う細麺、コシと食感、スープとの相性が抜群。
旨味の塊たるスープと完璧なるバランス、喉越しも良く箸が止まりません。
IMG_20181227_130025-01

チャーシューはトロトロですが、味付けは控えめ。
スープの味わいを邪魔しません、
IMG_20181227_130021-01

味玉も本当に旨い。
白身の柔らかさ、黄身の濃厚さ、味付けの絶妙さたるや・・・
IMG_20181227_130438-01


Tomboのラーメンを完食後、帰路にて何故あのラーメンは美味しいんだろうと考えていました。
食後に「めっちゃ美味しかった!」と思うことは多々あれど、美味しすぎて思い悩むというのは初めて。
あの時、感じた旨味はアレだろうか、甘めのスープにアクセントをつけていたのは揚げネギか・・・
ぜひこの美味しさに、思い悩んでみてはいかがでしょうか?

「Tombo」の店舗情報


所在地: 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町4丁目16−12
電話: 0422-77-7590


関連記事