PXL_20210104_071038806

東京駅にあるラーメンストリートは、比較的ベビーカーで入りやすいので助かっています。
味も大外れしないんだろうな、というネガティブかもしれませんが安心感もありますしね。
今回、お邪魔したのは「つじ田 味噌の章」。
あのつけ麺でおなじみのつじ田の別形態で飯田橋や淡路町といった場所にも店舗があります。けっしてゆとりのある店内ではありませんが、快くベビーカーを受け入れてくださいました。
「つじ田 味噌の章」は、その店名通りに味噌ラーメンの専門店。
まず、店頭にメニューが写真で出されているので選ぶのに便利ですね。
PXL_20210104_071043250

味噌らーめん、辛味噌らーめん、バリ味噌らーめん、辛バリ味噌らーめんといったバリエーションがあります。
バリ味噌らーめんは、濃厚ということのようですが、ただ濃いってわけでもなさそうなことが説明書きから見て取れました。
PXL_20210104_071104417

着席してラーメンを待ちます。
「バリ」とは「すごい」「とても」という意味の方言だそうで、数種類の味噌をブレンドしているんだそう。
PXL_20210104_071343654

卓上には多彩な調味料と薬味が。
おろしニンニク、一味、柚子七味、青のり、黒コショウ。
PXL_20210104_071409531

締めには白飯があうんだそう・・・が、今日は腹具合もあって断念。
PXL_20210104_071857432

着丼しました
白濁したスープにたっぷりのネギ、チャーシュー、キクラゲ、ニラ、モヤシ。
野菜もたっぷりですね。
PXL_20210104_071924294

チャーシューはバラ肉、脂じんわりでトロトロ。
PXL_20210104_071931034

アクセントになっているのが、山椒です。
味噌と山椒、あわないはずがありません。ピリッと味を引き締めます。
PXL_20210104_071941761

味噌ラーメンには野菜が合う。シャキシャキに炒められたネギやモヤシなどの野菜はこれ自体が味噌スープとあいまって主菜の存在感。
PXL_20210104_072004959

麺は、モチモチした手打ちの中太麺。通常の「味噌らーめん」よりも太い麺を使用しており、これはスープの濃厚さに合わせての変化でしょう。絡み方は抜群です。
PXL_20210104_072010892

ドロドロとしたスープは味噌の風味が終始変容しつづける複雑な味わい。クドさのない甘みも食欲が進みます。出汁は豚骨のようですが主張が強すぎないのも味噌を引き立てています。
これだけ濃いと途中で嫌気がさしそうな感じもしましたが、気づけば完食。罪悪感と戦いながらあと一杯あと一杯とスープを飲んでしまいました・・・
PXL_20210104_072019977

卓上にある青のりを加えると、風味が変わって面白かったです。
PXL_20210104_072147107

寒い時期にはやはり味噌ラーメンが染み渡りますね・・・
塩辛くない優しい味わいが印象的でした。






関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅二重橋前駅


関連記事