IMG_3049

酒好きにたまらない肴ですし、ご飯のお供にもなりますよ、これは。
松島名物の牡蠣を使った「牡蠣の塩から」です。松島さかな市場で販売されていました。
発酵文化の根付いた日本において、もはや塩に漬けられないものはないという感じですが、牡蠣の塩辛とはなんとも贅沢な珍味です。
製造しているのは塩釜市の十字屋さん。
ホヤや牡蠣や生海苔など地元産の新鮮な素材を使い、左党に喜ばれる珍味を数々製造している会社です。
IMG_3050

本来であれば辛口の日本酒がベストマッチなんでしょうが、下戸の私はアツアツご飯でいただきます。
新鮮な牡蠣を長期にわたって熟成・発酵させており、牡蠣の旨味は膨らんでいます。
塩気はもちろんのこと、旨味が強く牡蠣1つでお茶碗一杯いけるんじゃないか、という感じです。
大根おろしや山芋、うずらの卵などと合えると旨いという情報もあり、ぜひとも試してみたいですね。
なんせ、全然無くなりませんからね。いろんな食べ方で消費していきたいと思います。
IMG_3051


関連記事