このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_5846

新宿御苑近くのつけ麺屋「小麦と肉 桃の木」は、行列必至の人気店です。
あの「せたが屋」系列で、スタッフは女性のみ。趣向を凝らしたメニューが並ぶユニークなお店でもあります。
つけ麺といえば、豚骨魚介を代表する濃厚系が隆盛を極めるなか、こちらは違います。
券売機を見ても、目移りしてなかなか決められないラインナップ。
大人しく「左上の法則」に従うべきか、しかし右端にはシンプルな塩系メニューも・・・
一度お札が戻ってくるくらい悩んだ結果、やはり左上で。「天使のらぁ油」900円です。
IMG_5847

着席からしばらく待っての着丼。
見るからに辛そう。天使ではなく悪魔ではないのか。
IMG_5845

自家製の平打ち麺は、ツルっとした見た目です。
IMG_5844

白ネギと豚バラ入りの真っ赤なスープ。
辛さは激辛というほどではありませんが、山椒など薬膳系の風味があり、火鍋のような味わい。
IMG_5843

ツルツルモチモチとした麺にさっぱり粘度の低いスープは程よく絡んで美味しい。
一気にズルズルと完食できます。
IMG_5840

締めはスープ割り、もしくは蕎麦湯割です。
蕎麦湯ってのは、和そばの蕎麦湯を別途用意されているのか、麺を茹でたお湯なのかは確認できませんでしたが、蕎麦湯割はスープをさっぱりと頂くには良い方法だと思いました。
IMG_5839

・・・って残念ながら、4/21に閉店するんですって!
ちなみに6月には新店舗として生まれ変わるそうなのでそちらに期待ですね!
IMG_5848




関連ランキング:つけ麺 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅


このエントリーをはてなブックマークに追加