78BD66E1-3F18-463E-93ED-0DE7EE03FFF8

路面店でないと、なかなか入りにくいのが新宿のランチスポット。
立ち並ぶ雑居ビルの谷間で、見つけた「上海小籠包 厨房 阿杏」の看板にもその不安はありました。
1Fはメガネ店、その上が眼科、そのほかリサイクルブランド・ショップやネイルショップ。その5Fに入る唯一の飲食店が「阿杏」です。

結論、入って正解でした。
小籠包を前に押し出してはいるものの、中華系のメニューが豊富なランチ。
プレートや麺類、そして点心などがあります。
8D4882D2-163B-45AB-AC00-71C67C5B3D89
0FF93F3F-8EE1-4FA6-8216-E78E061EA909

注目の小籠包ランチ、焼き小龍包ランチは1100円と1200円。
ライス、副菜、デザート、メイン、そして小籠包4つです。
A2499D8C-A6EF-4EC3-B581-9EA72C5B5E07

私は焼き小龍包ランチを注文。
まず、副菜類が運ばれてきます。
手抜きのないお料理という印象でした。
6C76F3C5-6D6D-4066-89FD-EB167D66D77D

卵とキクラゲのスープ、優しさと旨味。
36585520-5CC1-4D4A-9731-B6CC6EDCCC25

ランチプレートの中から選べるメインは、回鍋肉を選択。
他にも油淋鶏や麻婆豆腐、酢豚などもありました。
甘辛い味噌味がしっかりきいて、ご飯に合う系。そして、豚肉たっぷり。
92EFB962-EDC1-466B-B61E-0C56C507CE6F

そしてこれが、焼き小龍包。
1つ1つが大きくてそれが4つも入っています。単品だと700円程度だったと記憶しています。
ランチプレートに焼き小龍包をつけただけより、200円程度お得になりますよ。
ぶ厚めの皮がもっちり、下面はカリカリに仕上がっています。
D62CB8B1-7E7A-49C1-8C24-949BCB1D4ACA

中には肉汁たっぷりのスープが!割ってスープを先に呑まないと口の中が大惨事ですよw
具もジューシーで、卓上にある黒酢を加えてまろやかにするのも良しです。
927D7A43-41C9-4976-BC69-899A0D99A0ED

1200円という価格はランチにしてはかなり高価だとは思いますが、美味しい焼き小龍包なのだと思えばけっして高すぎることはありません。
満足感もありますしね。あえて1つ上げるなら、ご飯の盛りが少ないので大盛りって言ってみるのも良いかもしれませんよ。



関連ランキング:飲茶・点心 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅


関連記事