スポーツ

【動画】GKなど無意味!元アルゼンチン代表バティストゥータの「バティゴール」50選

51

セリエAの外国人最多通算得点記録を保持している90年代最高のフォワードの1人、元アルゼンチン代表ガブリエル・バティストゥータ。
その活躍の代償として、現在では膝痛に悩まされ歩くことさえままならないんだそうです。
稀代のストライカーに対してサッカーの神様が与えた代償はあまりに苛烈でした。

しかし、今一度彼の活躍を振り返ってみると、やはりバティストゥータは凄い。
手以外のすべての箇所でゴールが穫れる、人呼んで「バティゴール」の数々をご覧ください。
彼の前では、ゴールキーパーなど無意味。続きを読む

標高5895m、女子サッカー選手がキリマンジャロで試合する理由



CNN.co.jp : キリマンジャロで史上「最高」の試合を、女子サッカー国際チーム」というニュースが。
その目的は世界20カ国から集まった18~66歳の女子サッカー選手が、様々なスポーツにおいて女性選手が直面する問題への関心を高めることにあるそうです。

しかしキリマンジャロといえばアフリカ大陸最高峰で標高は5895m。
登山するのも大変なのに、その頂上でサッカーの試合を90分もやるなんて正気の沙汰ではありません。
それだけに、選手たちの覚悟が伝わりますね。続きを読む

Over60のサッカー日本一を決める戦いが予想の8倍激しかった

43

こういうサッカー人生を贈りたいものです。
6月5日に開催された第17回全国シニアサッカー大会の決勝戦は、正直に言って驚くほどスピーディーでテクニカルな試合となりました。
皆さんがおそらく若き日には名うてのサッカー選手としてならした方々とは思いますが、それにしても凄い試合。
あと30年、40年サッカーを続けるとして、これほど上手くないにしても元気に珠を蹴り続けたい。そんな気持ちになりました。
続きを読む

【動画】あのFCバルセロナはフットサルをやっても上手かった!

44

世界最高峰のタレントを揃える「FCバルセロナ」がフットサルをやったらどうなるのか。
しばしば「フットサルとサッカーは似て非なるスポーツ」と言われ、たとえば以前JリーガーとFリーガーの対決ではJリーガーが大敗するということがありました。
しかし、足元の確かな技術を誇るバルセロナの選手はやっぱりフットサルも上手かった!
真剣勝負ではないとはいえ、世界有数のポゼッションサッカーはこんなポールコントロールから生まれているのかもしれませんね。

ちなみに、FCバルセロナはフットサルのスペインリーグにもチームを持っております。お馴染みのあのユニフォームです。続きを読む

オフサイドじゃなかった!MLSで起こった審判のナイスジャッジ

34

広いピッチの中でスピーディーに展開されるサッカーにおいて、誤審とはいかずともファウルを見逃してしまうことは珍しくありません。
クラブW杯ではビデオ判定が導入されていましたが、アレはアレで試合のペースが乱れてしまいますね。
やはり、「審判がしっかりと見る」ということに勝るものは無さそうです。

さて、2017年3月11日に行われMLSにおいて、まさに「レフェリー、グッジョブ!」なシーンがありました。
どうもても、綺麗なオフサイドなのですが、ジャッジはインプレー。何故!続きを読む
定期購読はこちら
follow us in feedly
ブログ内検索
スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサードリンク