このエントリーをはてなブックマークに追加
43

こういうサッカー人生を贈りたいものです。
6月5日に開催された第17回全国シニアサッカー大会の決勝戦は、正直に言って驚くほどスピーディーでテクニカルな試合となりました。
皆さんがおそらく若き日には名うてのサッカー選手としてならした方々とは思いますが、それにしても凄い試合。
あと30年、40年サッカーを続けるとして、これほど上手くないにしても元気に珠を蹴り続けたい。そんな気持ちになりました。
優勝した千葉四十雀サッカークラブの山下貢監督のお言葉も感動的です。

千葉四十雀サッカークラブが優勝に輝く 〜第17回全国シニア(60歳以上)サッカー大会〜 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会
優勝は、準優勝した3年前の忘れ物を取りに来た、という感じです。今年は総勢27人という大所帯で来ています。皆サッカーが大好きで、(試合に)出られるかも分からないのに全員来て、応援したりしてくれます。それが原動力として大きいかなと思います。千葉は各世代でサッカーが強いので、シニアの60歳代が全国でも優勝できるんだということを、下の世代にも知らしめられたことが一番うれしいです。チームには指導者が多いのですが、社長さんも校長先生もいます。でも、ここに来ると全員が一選手としてやれるのがいいところです。それぞれの環境が違っても、サッカーをやると全員が一つにまとまります。


最後の決着PK戦となりましたが、それに至る熱い闘いをごらんください。





このエントリーをはてなブックマークに追加