このエントリーをはてなブックマークに追加
56

上野界隈ではジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が決まったと話題ですが、プロレス界隈でも「パンダ」が話題です。
その名も「アンドレザ・ジャイアントパンダ」。
あの人間山脈と称されたレジェンド・レスラー、アンドレ・ザ・ジャイアントと酷似した名前を持っており、まるで学生プロレスかと思うほどのパロディネーム。
しかし、似てるのは名前だけではありませんでした。いや、本家アンドレを越えていたのです。
アンドレ・ザ・ジャイアントの身長は約2m23cm、一方でアンドレザ・ジャイアントパンダは、約3m!
間違いなくプロレス史上最高身長なのです!
アンドレザ・ジャイアントパンダが上がっているのは、今年で10周年を向かえる「新根室プロレス」のリング。
いわゆる「どインディー」と呼ばれる団体で、公式サイトによるプロレス好きのおじさまたちが余暇で運営されているようです。
そんな団体(失礼)に、WWEにも存在しないサイズのレスラーがいるなんて、さすが試される大地!北海道はでっかいどう!

では、アンドレザ・ジャイアントパンダの想像を絶する巨躯をご覧ください。
入場曲はもちろん、アンドレ・ザ・ジャイアントの「ジャイアントプレス」です。



身体をグニャリと変形させる衝撃的な柔軟性!
『魁!!男塾』のラーマヨーガか!
これといった技は見せませんが、パンチだけで組み立てる姿はアメプロっぽさも感じさせます。
まだまだ荒削りですが、これからはレスリングテクニックも見せてくれるのではないでしょうか。

くいしんぼう仮面が試合を望んでいるとか。


なお、10/4には大日本プロレス釧路大会にて、試合も決定しています。


入場シーンは無表情で怖い、レスリングスタイルは傍若無人な感じですが、子供たちからの大声援はさすがパンダ!
オカダカズチカを超える人気選手になるかもしれませんね!
このエントリーをはてなブックマークに追加