IMG_20180921_175650-01

京都で、抹茶でもほうじ茶でもないパフェを食べるのはいかがでしょう?
どうしても観光客は辻利的な抹茶系スイーツに集中してしまうわけですが、寺町通りと新京極通りの間にある小さなお店「SUGiTORA(スギトラ)」。
ここでは、ジェラートとパフェを食べられるんですが、そのパフェが美味しくて可愛いのですよ。

もともと河原町三条に100年以上存在した「スギトラ果実店」が、ジェラート屋SUGiTORAとしてカムバック。
そんなバックボーンから新鮮なジェラートや斬新なパフェを数々生み出してきた結果、京都でも数々のメディアに取り上げられるお店になっています。

小さな路地にある可愛らしいお店、一階ではジェラートのテイクアウトが。そして二階では落ち着いてパフェをいただくことができます。

手書きのメニューにてセレクト。
価格帯は1000円から2000円の間となっており、期間によってメニューは変わります。
私は「フォンダンショコラとチョコミントのパフェ」をセレクト。

フォンダンショコラ、チョコミントジェラート、チョコジェラート、バニラギモーヴ、洋梨バニラジェラートなどが積層されているという怒涛のパフェ。
クルッとなっているのはカカオのラングドシャです。
IMG_20180921_180444-01

フォンダンショコラからはアツアツのチョコが流れ出し、その下のジェラートと渾然一体となった風味を作り出します。
結果、溶けるのが早いんですが、その混ざりあったところが美味しいんです。
IMG_20180921_180453-01

中には糖衣がけのアーモンドやキャラメルポップコーンがあり、食感としてアクセントになるし、クリームやジェラートが絡まったところも旨い。
IMG_20180921_180535-01

フォンダンショコラ1つで十分な満足度で、そこにたっぷりのジェラートですからボリュームも最高。
もうこれは一食分とお考えくださいませ。
IMG_20180921_180515-01


「SUGiTORA」の店舗情報


所在地: 〒604-8047 京都府京都市中京区中筋町488−15
電話: 075-741-8290

関連記事