「Jリーグ、高齢者をアシスト 地域の健康づくりに協力」という記事より。

 厚生労働省は、お年寄りの健康増進に向けてサッカーのJリーグと手を組む。4月施行の改正介護保険法で新たに導入された「介護予防事業」の一環。クラブチームに競技施設や体力づくりのノウハウなどを提供してもらい、介護が必要になるのを防ぐとともに、高齢化で膨らむ介護保険費を抑える狙いだ。Jリーグ側も、なじみが薄かった年代のファン獲得につながると期待している。


 Jリーグに所属するチームは地域密着が基本。サッカー教室などの「本業」以外での地域貢献が、ファン層の獲得にも繋がるとなれば一石二鳥というところだろう。
続きを読む