このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_6780

丹沢にある人気の低山、大野山にハイキングへ。
標高723mとけっして高い山ではありませんが、開けた山頂からは丹沢の山々はもちろんのこと、富士山までもが一望できるのです。
人気がある山で、実は山頂寸前までクルマで行けてしまうのですが、高尾山の人の多さを思えば大したことはありません。
トイレの整備もされており、気軽に行ける山と言えるでしょう。
小田急の新松田駅から御殿場線に乗り換えます。
新松田駅からは富士山を望むことができるスポットが2つ。
IMG_6695

御殿場線の松田駅に止まる電車は、編成が短く前よりに止まりますので、予め前よりで待ちましょう。
降りるのは谷峨駅です。
IMG_6696

駅前には美しい藤棚がありました。
IMG_6700

大野山ハイキングコースのスタートです。
しばらくは舗装路を歩きます。
IMG_6705

抜群の晴天で汗ばむ陽気。ただただ気持ちいい。
IMG_6707

「8人以上乗るな」と書かれた吊橋、恐い。
IMG_6708

そこからが登りになります。それでもまだ林道って感じです。
IMG_6710

富士山には山頂付近にのみ、雲が。
IMG_6716

民家の隙間を縫って、やっと山道にでます。
IMG_6717

空前の田舎感。
IMG_6718

新緑の丹沢は、目に眩しすぎる。
IMG_6720

所々、整備された道が現れます。
IMG_6723

入っちゃいけない小さなトンネル。
IMG_6724

途中にあるトイレもかなり綺麗に整備されています。
IMG_6725

ここからもしばらく、トレイルを歩きます。
小さな子どもでも歩けるような道で危険な箇所はありません。
IMG_6727

なんという爽やかな光景。
IMG_6728

東屋が見れば、頂上までもうすぐ。
IMG_6729

梅ジャムなどが売られた無人販売所アリ。
IMG_6731

鹿よけの柵を越えれば、後はジグザクに山頂へと登る道になります。
IMG_6732

青々とした草が茂ります。
IMG_6733

700m少しの山ですが、美しい眺望です。
IMG_6734

ススキも生い茂る。
IMG_6737

スカイツリーの同じ高さだよ的な木彫りのウサギ。
IMG_6738

ジブリ的な樹木のゲート。
IMG_6740

青空に向かう階段のようなトレイル。
IMG_6741

2016年までは牧場として利用されていたそうで、そのため大野山山頂付近は草原地帯となっています。
IMG_6744

谷峨駅をスタートして1時間半ほどで、山頂に到着。
お年寄りから子供までがワイワイガヤガヤする広場で、海側からの風が吹き抜けます。
さすがに強い風を受けると寒いので、防寒着は必要です。
IMG_6824

今回の目的は山頂でのお料理でした。
キャベツとウィンナーをカレー味で炒めるなど。予め材料を切っておけば、火を通すだけなので簡単。
IMG_6749

メインはトマト味にしたチキンラーメン。
濃縮トマトピューレが小分けにされて売ってるので、山ご飯に便利です。
IMG_6753

チャーシューを炙る。
バーナーが脂まみれになるのはご愛嬌。
IMG_6825

粉チーズをかけて完成。
これは家でもやるべきメニューであった。旨い。
IMG_6756

水分を少なめで作ると汁が余らないので良いです。
IMG_6757

先日購入した、新世代行動食「ビバークレーション」もテスト。
IMG_6763

しっかりした味付け、異なる食感が織り交ざっており食べる楽しみと満腹感があります。
これについてはまた詳しく書くつもりです。
IMG_6766

山頂は広々とした草地で、寝転ぶには最高。
グランドシートを忘れずに。
IMG_6775

丹沢の山々も一望できます。
奥には最高峰の蛭ヶ岳も。
IMG_6779

下りが楽なのは谷峨駅へのピストンですが、せっかくなので山北駅方面に。
IMG_6781

しばらくは山道です。
IMG_6783

細い道が多く滑落の危険性も充分にありそうなので、要注意です。
IMG_6787

地蔵岩ルートの登山口におります。
ここからは舗装路になります。
IMG_6789

集落の中を歩きますが、ハイカーに気を使った休憩所やトイレがちゃんと整備されていて素晴らしいと思いました。
IMG_6794

山の中のボクシングジムなんかもあって面白かった。
IMG_6796

駅近くにあるカフェで一服もいいでしょう。
IMG_6798

下りは2時間くらいかかりましたが、山北駅に到着です。
松田駅まで戻って小田急で新宿方面へ。
IMG_6800

標高は高くありませんが、広く草原が広がる山頂は爽快。富士山や丹沢の山系を見渡せる眺望は抜群。
山頂に水洗トイレが整備されていることも、ハードルを下げてくれそうです。
大野山、オススメですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加