このエントリーをはてなブックマークに追加
写真 2017-05-18 0 06 35

岡山県の倉敷駅前にあるうどん屋「ふるいち」に行ってきました。
「ぶっかけうどん」の商標を持っているというお店です。
うどんといえば香川・讃岐というイメージだと思いますが、瀬戸内海を挟んで対岸にある倉敷も実はうどんの美味しい土地とのこと。
讃岐を向日葵や長嶋茂雄とするならば、倉敷は月見草や野村克也。そんな感じでしょうかね。
倉敷駅を出るとすぐに大きな液晶兼看板が目に入ります。
写真 2017-05-18 0 04 25

歩道橋の向こうに「ふるいち」という看板が見えますが、ここはたい焼きと「ふーまん(今川焼き)」のお店。
写真 2017-05-18 0 04 38

その奥にうどん屋があります。
朝7時から夜9時まで営業している、ありがたいお店。
写真 2017-05-18 0 05 01

こちらが、ふるいちです。
写真 2017-05-18 0 05 15

朝7時から10時までは、タイムサービス。
なぜか、ハッシュドポテトがついてくる。
写真 2017-05-18 0 05 40

ぶっかけうどんが有名なお店なので、ぶっかけうどん系はマストにしたいところ。
ただの「ぶっかけうどん」は具だくさんで470円。
写真 2017-05-18 0 06 20

壁を見るとたくさんのメニューが!
写真 2017-05-18 0 07 28

私の注文は、肉ぶっかけ(570円)。すぐに着丼。
ショウガ、ネギ、昆布、蒲鉾、甘辛い牛肉。
写真 2017-05-18 0 06 48

どれも旨味が出る具材、とはいえ麺そのものの美味さを忘れてはなりません。
写真 2017-05-18 0 07 08

全部まぜていただきます。
写真 2017-05-18 0 07 58

具材とツユの旨味が絡んだ麺は、「硬い」というほどではない程よいコシがあり、ツルツルと口内を滑っていきます。
ツユは結構甘めですね。
もう外でうどんを食べるとなると「丸亀製麺」とか「はなまるうどん」といったチェーン店になっていたわけですが、街中のさりげないお店が実は名店で朝から美味しいうどんが食べられるのって素晴らしいな倉敷。
そう思った次第です。
写真 2017-05-18 0 08 12




関連ランキング:うどん | 倉敷駅倉敷市駅


このエントリーをはてなブックマークに追加